最新勉強用iPadラインナップはこちら!

図解! 最新iPad選び方!勉強のためのおすすめを考察。

図解、勉強用途のiPadの選び方

毎年、新型iPadが発売され、どれを買えばいいか分からない。

そんなあなたに、iPad勉強家目線でおすすめのiPadを図解で分かりやすく紹介します。

この記事は2020年10月のiPad Airに対応しています。

例年、3月下旬に新型iPadの発表がありますが、2021年は発表が遅れています。発売時期に合わせたiPadの購入戦略はTwitterで状況をみながら紹介しています。

最新iPadのラインナップまとめ

IPadの選び方図式 2020/10

上の図では2020年最新モデルのラインナップについて紹介しています。

ここからは、この図に更に書き加えながら詳しく説明していきます。スマホだと見にくいかもしれませんが、タップで画像を拡大できますよ!

まず重要な前提のお話から。

CPU、メモリなどのスペックについてです。

勉強用iPadに必要なスペック

基本的にiPadはすべてのモデルで勉強用途に必要なスペック(性能)を満たしている

Andoroidタブレットであれば、CPUが、、、とか、メモリが、、、、といった選び方は必ず必要ですが、iPadにおいてはそのお話は不要です。

筆者は初期のiPad Proの頃から使用していますが、その頃のiPad Proのスペックは今の最安モデルと大きく変わりません。

そのころも、基本的にスペックの問題で困ったことがなかったので、今でも問題は少ないと考えられます。

iPadは基本的に高性能であり、現行モデルを勉強に使う範囲では、スペック不足にはならない。

ストレージだけは注意!!

勉強目的のiPadストレージは何GBがおすすめ

・iPadを勉強用で使うなら128GBは必要
・256GBあればその他の用途と併用でも安心
・512GB以上はたいてい不要

iPadを選ぶときに大きな問題になるのが、ストレージ(何GB)のモデルを使用するか、ということ。

勉強用途で当サイトで紹介している方法を中心に使用するなら、128GB以上あれば十分です。

もっと少なくても実は戦えたりしますが、iPadはメモリーカードが使えないので、少し余裕を持って選ぶことをオススメし、128GB以上をおすすめします。

逆に、筆者はかなりヘビーにiPad勉強を使い倒していますが、256GBは使い切っていません。

PDFにスキャンして入れている医学書はおそらく数万ページに及ぶ量にも関わらずです。

なので、筆者は基本的に256GBモデルを購入することが多いです。

iPadのストレージは勉強目的なら128GB以上がおすすめ
256GBあれば安心

iPad Proなどこのブログや動画作成目的のときにはさらに余裕をもたせて512GBを選択することもあります。

図解には128GBと256GBのみを記載しました。

iPad pro図解

図解はiPad勉強用のiPadの選び方なので、オススメの128GBと256GBのみの価格を記載しました。

こうすることでより選びやすくなっているはずです。

512GB以上のモデルはiPad Proにしか用意されていませんが、基本的に勉強用途には不要です。

iPadはどこで買うのがおすすめですか?

iPadを購入するオススメはAmazon
実はAppleの公式取り扱い店

この図解ではかなりクリアカットにiPadを選択できるので、ある程度欲しいモデルは絞り込めると思います。

iPadを購入することができる場所はいくつかありますが、あまり悩む必要はありません。

Apple公式サイトでもAmazonでもすぐに購入できます。(発売直後はApple公式サイトの方が早く注文できることもあります。)

AmazonもAppleの公式代理店なので、筆者はいつもAmazonで購入しています。

Amaoznで購入する理由は
・IDを持っているから
・ポイントが数%ついて公式サイトより安いから
・届くのが早いから
・ガラスフィルムも一緒に安く購入できるから

Amazon内にはApple製品の特集ページまであります。

Apple公式サイトは初売りセールがある

1年に1回、たいてい1月2日だけはAppleの初売りセールでAmazonよりも安いことも。
2020年の初売りではiPad Proに12000円のApple storeギフト券がついていました。
(対抗するようにAmazonでもセールがありましたが、Apple公式サイトの方が2000円ほど安かったです。)

Apple公式サイトは名前を刻印できる.

ちなみにiPadに名前の刻印をしたい場合にはApple公式サイトで購入する必要があります。

筆者は売るときのために刻印はしない派です。

名前を刻印すると,売るときには価格が下がることに注意

iPad Air (2020)は勉強用にどうですか??

もう一度、最初の図をみてみましょう。

勉強に必要な機能をまとめている図です。

この図を見るとiPad AirはiPad Proに近い高機能で、さらに安いことがわかっていただけると思います。

iPad、iPad Pro、iPad Airの違いはなんですか?

①画面サイズが違います。

それぞれ縁(枠)大きさと画面サイズが違う
・高いモデルほど、縁が薄いので、本体のサイズに対して画面サイズが大きくなります

iPadの画面の外側の枠の部分に関しても、iPad AirはiPad Proに近いです。

iPad ProとiPad Airはより新しい角ばったデザインです。

一番上位グレードのiPad Proでは「フチ」が薄いので、本体サイズが小さく、画面サイズが大きいです!!

逆に言えば、フチがちょっと大きくなる程度で、お買い得グレードのiPadも大きな問題なし!

created by Rinker
Apple(アップル)
¥115,280 (2021/04/18 19:48:21時点 Amazon調べ-詳細)

②細かい機能が異なります。

細かいカメラ性能、オプションの高用量ストレージなどは異なりますが、実際に勉強に関連してくる機能ではiPad Pro = iPad Air

↓の図では勉強に大きく関連する選択肢以外の部分を削って表示しています。

勉強に実際に関連してくる部分を図にすると、iPad ProとiPad Airはほとんど同様の機能を持っていることが分かります。

iPad ProとiPad Airの細かい違いを上げれば、

  • 画面の更新速度(動きが早いゲームなどで問題になる)
  • 広角カメラ
  • 512GBや1TBの選択肢があること
  • CPU性能が異なること

などがありますが、これらはiPadで勉強をすることを考えるとほとんど問題になりません。

勉強に関連する機能面ではiPad ProとiPad Airの機能はほとんど同等

むしろ、iPad Airは安いのに側面指紋ロック解除つき!!

Apple pencilに関しては大きな差がある。
・iPad pro、iPad Airは第2世代Apple pencil
・iPad は第1世代Apple Pencil
(詳細は解説します。)

iPad(2019)とPro/Airの間にはApple pencilの世代という大きな壁がある

勉強目線で言えば、Apple pencilの違いはかなり大きいです。

Apple Pencil第1世代と第2世代の違い

Apple Pencilの違いは上の図でまとめたように

  • マグネットで側面に挿して充電できるかどうか
  • ダブルタップでショートカットが使えるか

という2点が大きく違います。

どっちを選べばいいのか

第1世代と第2世代の両方を使ってきた筆者の感想としてはできれば第2世代対応のApple pencilを選択することをお勧めします。

充電が簡単な上に、Apple pencilの置き場ができるというのも便利な点でした。

ただ、第1世代も書き味ではほとんど劣りませんし、金額も安いので、立派な高コスパ機として選択肢に入ってくると思います。

価格差はだいたい4000円程度です。

Apple pencil第1世代

Apple pencil第2世代

第2世代Apple pencilはiPad側面にマグネットでくっついて、充電もできて便利!!

第1世代iPadも書き味に関しては、ほとんど問題なし!!コスパモデルともいえる!

勉強用iPadお勧めの選び方

結局、どの端末がおすすめか!!人によってお勧めできる端末は異なります。

基本的に値段が高い方が優れているiPadですが、2020年秋時点ではiPad AirがiPad Proに匹敵する性能を持っている点がポイントです。(勉強を基準とすると!!)

以下の部分では人別の選び方と一緒に購入するお勧め製品へのリンクを貼っておきます。

iPad勉強を始めようか迷っている方

iPad勉強を始めようか迷っているけど、予算的に厳しいなら
iPad(2019)の128GB,wifiモデルがおすすめ

iPad勉強の便利さは一度やってみないと絶対にわかりません。

勉強効率があがって人生が変わる可能性もあります。

iPad (2019)は間違いなく、高コスパ機です。

上位機種があることで見劣りするかもしれませんが、そんなことはありません。

筆者が数年前に勉強に使っていた初期のiPad Proよりずっと高性能で快適に勉強ができるはずです。

人気のためか、iPadはAmazonで品切れになっていることが多いです。一度確認していいただき、品切れならApple公式サイトでの購入がおすすめです。

迷っている人は高コスパモデルのiPadを一回購入してiPad勉強の凄さを体感すべき

コスパモデルを購入してもiPad勉強の内容に変わりはない!!

iPadは買取価格も高いので、もっと高いモデルが欲しくなったら売って再購入もあり!!

予算に余裕がある人はiPad Air 256GBがお勧め

  • 予算に余裕がある
  • 基本的には勉強用途を中心にiPadを使う
  • 持ち運び性能も重視したい
  • iPadは縦でも横でも使いたい

という人にはiPad Airの256GBがお勧めです。

基本性能の高いオールラウンダー機種となっています。

基本的に間違いのない選択肢と言えます。

今のラインナップでは迷ったらこれでしょう。

[amazon asin=”B08J6K4PKT” kw=”最新 Apple iPad Air (10.9インチ, Wi-Fi, 256GB) – スカイブルー (第4世代)”]

書き込みの多い勉強ガチ勢にはiPad Pro12.9inchがお勧め

  • 勉強量が多い医学生などの学生
  • 書き込み量が多い人
  • 大きい画面がいい人

にはiPad Pro 12.9inchがお勧めです。

筆者もメイン機としてこの端末を使用しています。

基本的には横向きで使うことが多く、スタンドとSmart Keyboard を併用して、手書き、打ち込みの両方に便利な状態で使用しています。

[amazon asin=”B0863KDNQJ” kw=”最新 Apple iPad Pro (12.9インチ, Wi-Fi, 256GB) – スペースグレイ (第4世代)”]

まとめ

2020年秋のライナップではiPad Airのコスパの良さが目立ちます。

2021年3月現在新型iPadが発表されていない現状からは今購入するのに最もおすすめなのはiPad Airです。

<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=digista-22&language=ja_JP&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B08J6JS8TD&linkId=82526e35c371d4f82ff3e972fbaf2734"></iframe>

一方で、大きな12.9inchの画面のサイズがあるのがProの優位な点でしょう。12.9inchを購入予定であれば新製品の発表まで待っても良いタイミングです。

超最新の情報はTwitterで更新中です。フォローお待ちしています。

この記事はもう少し追記予定です。記事の追記はTwitterでお知らせしますので、フォローよろしくお願いいたします。

コメントもお待ちしています。