教養人にオススメ!3000円分のポイント貰える!Amazonの新時代サービスAudibleで激アツ!キャンペーン
カテゴリー

完全iPad勉強法:医学生の一例を紹介〜使っている端末(サイズ選び・2台持ち)編〜

デジタル勉強解説

〜オススメ記事〜

本サイトのメインコンテンツ

「iPadで勉強」のマニュアル

「勉強用iPadの購入を考えていませんか?」
「iPadの購入の値段で悩んでいませんか?」
iPad勉強歴3年以上の筆者が勉強に十分な性能・容量+できるだけ金額を抑えるiPadの選び方を紹介しています。
勉強用iPadコスパ最強セットの紹介

「教科書買うときに、学生ならポイント18%もらえるのに定価で買っていませんか?」

知らない人が損してるモノ凄い学割の紹介!

【知らない人は損してる】学生なら教科書・書籍をかなり安く購入できるの知ってます?

Amazonの新サービスaudibleを無料で使えて3000ポイントゲットできるキャンペーン!

筆者も使ってみましたが、想像以上のクオリティ。知識人のための新常識になりそうな予感です。

▶Audible

iPadでの勉強はとても効率的でオススメです。

この記事はiPadでの勉強に興味がある方に向けて作成した筆者の具体的な例を紹介した記事です。

 

Mr.Pad
Mr.Pad

普段は筆者の考えは書きすぎないようにしているのですが、この記事では筆者の考えを中心に書いてみました。

まずは今回は端末について紹介します。(今後、勉強法なども作成予定)

スポンサーリンク

使用しているメインの端末

筆者が現在メインで使用している端末は

  • iPad Pro 10.5 inch 256GB
  • iPad 第5世代 9.7 inch

の2台体制です。

以前は12.9inchを使用していたのですが、10.5inchに変更しました。

 

iPad 9.7 inchはいずれAmazonのFire HD10に置き換えるかもしれません。

現時点のサブ機はiPad 9.7とFire HD併用しれどちらが優秀か比べている状況です。

Fire HD10がiPad勉強のお供の2台目端末にオススメな理由

12.9inchから10.5inchに変更した理由→縦使いでの書き心地を重視した

もともと12.9inchを使っていたのですが、10.5inchに変更した理由はノートアプリで縦に使いたかったからです。

12.9inchいっぱいにノートアプリを表示して使用すると、なんだか大きすぎて使いづらい印象がありました。

12.9inchをタテ使いだと上の方がちょっと遠い感じです。

紙なら自分が上に体重をかけて、身を乗り出して書くのですがiPadだとそうはいかない印象でした。

iPad Pro12.9 inchのレビュー【医学生による勉強目線】12.9は横置き端末です。

12.9inchがデカイと感じるその理由:縦に置いてあるから

DocomoやSoftbank,auのショップの店頭や電気屋で12.9inchのiPadを見たことがある人は

「あのiPad,でか!!!」

という印象を最初に持ったと思います。

使っているとあの印象は薄れては来るのですが、最初の印象はだれでもデカイに尽きると思います。

店頭においてある12.9inchのiPadがかなりでかいと感じる理由はデモ機が縦にディスプレイしてあるからです

12.9inchのiPadは横にするとよくある13inchのノートパソコンと同じようなディスプレイサイズです。

よくスタバの窓際にいるMacbook Air軍団のサイズです。

Mr.Pad
Mr.Pad

あれだとそこまで大きくは感じないですよね?

12.9inchのサイズ感では横に使う方が違和感を感じないです。

慣れの問題もあるとは思いますが。

横に使うのがメインになってくると画面分割のときに少し小さい

だんだん横に使うのがメインになってくると、画面分割で使用する機会が多くなりました。

そうすると今度は1アプリあたりの表示面積が小さいという問題が出てきました。

12.9inchを2つに分割して使うとだいたい7.9inchのiPad miniとよく似たサイズ感になってきます。

ノートと教科書を同時に表示できるのはいいのですが、教科書を読むにしても拡大したくなり、ノートで書き込むにしても拡大したくなるという状態でした。

縦に使うには大きく、横に使うには小さいという状態。

「帯に短し襷(タスキ)に長し」という状態です。

それならちょうど良さそうな10.5inchを買ってみようとなりました。

10.5inch=ちょうどいい!

10.5inchを使ってみて最初の印象がこれが欲しかったというサイズ感でした。

縦に使うのにちょうどいいサイズ感です。

つまり1画面を表示するのにちょうどいいサイズ感。

10.5inchは9.7inchとよく似たサイズで縁が狭く画面が大きいのでオススメです。

以上のことから、最初の1台には10.5inchのiPadが一番おすすめ

以上のような理由から友人にiPadを進めるとすれば、まずは10.5inchのiPadをオススメします。

9.7inchの無印iPadもいいですが、お金に余裕があれば10.5inchのiPad Proがおすすめです。

【追記】iPad Pro 2018のサイズ構成は11inchと12.9inch

新型のiPad Proが出ましたね。

サイズの構成は11inchと12.9inchです。

どちらも縁が狭くなって、よりコンパクトながら画面は広くなったようです。

個人的には11inchの方がやっぱり使いやすいのかなと思います。

 

買い換えるかといえば、、、、、、

メジャーアップデート直後の端末なので、不具合の心配もあり買い替える予定はありません。

 

(お金ないだけ笑)

 

来年からは研修医として働く予定ですので、お金があるはず。よって来年のモデルで買い換える予定です。

なぜiPad2台体制になっているのか

もともとDocomoでスマホを替えるときに、キャンペーンでiPadが2台もらえたのが始まりでした。

Mr.Pad
Mr.Pad

金銭的に余裕があるわけではなくラッキーで手に入った2台でした。ちょうどキャッシュバック全盛期の頃です。今ではキャリアでiPadを契約するとカモにされるので気をつけてください。

その後売って買ってを繰り返し、2台体制が維持されています。

2台体制でずっと使ってきたのでiPadが2台あるメリットに気づくことができました。

壊れたときの安心感:万が一壊れてももう一台でフォローできる

iPad勉強の弱点は、端末が壊れたときに全ての勉強手段を失ってしまうことです。

 

iPadが2台あればこの心配も無用で、1台を修理に出す間もう1台でしのぎ切れます。

 

これって試験などの勉強に使う人にとってはとても大きなメリットなのではないでしょうか?

それでもバックアップは重要です。

【iPad勉強のリスクを克服】重要な試験にむけたノートデータ・予備校板書のバックアップ戦略

 

試験前日にiPadを落として割ってしまって、勉強できないということも防げます。

iPadは良くも悪くもicloudでの連携が重視されています。

iPadが1台の状態でiPadが壊れてしまうと、Windowsのパソコンからicloud内のアプリのデータを開くことはできません。

2台あれば、icloudで連携されて2台のiPad上のデータは同じという状況にできるのでトラブルに強い環境を構築しています。

Mr.Pad
Mr.Pad

2台を同じ環境で使えるように容量も揃えています。

これでも何かしらのトラブルが起きる可能性もあるので、別のOSでも開くことができるEvernoteにバックアップを作成しています。

Evernoteはウェブ上からもアクセス可能なので、ノートアプリのデータなんかをPDFとして書き出しておくとかなり強力なバックアップになります。(インターネットにアクセスできればどんな端末でもOK)

▼詳しくはこの記事を御覧ください。

Evernote活用方法:入れっぱなしのバックアップシステム&なんでも検索箱としての使い道
基本的にはメモアプリであるEvernoteですが、今回はバックアップ用のストレージとして使用する方法を紹介していきます。 EvernoteはGoogle driveのような通常のクラウドストレージサービスとは性質が異なり、一度アップロ...

2画面で教科書とノートを表示するのにいいサイズ

9.7inchと10.5inchの2台体制になってからは、2台で教科書とノートをそれぞれ表示させています。

暗記する際には片方には答えの入ったPDFもう片方には穴埋め状態のPDFにして利用していることが多いです。

(この方法は2台体制を構築できる場合には結構おすすめで、今度記事にします。1台でも↓の記事の方法で2台体制に近い環境を構築できます。)

▼暗記で使う場合にはタブをうまく使えば1台でも2台持ちに近い環境が作れます。

【医学生流】iPadのノートアプリGoodnotesを活用した超効率的暗記法
医学生として勉強させられてきた筆者が活用しているiPadのノートアプリを活用した超効率的な暗記方法を紹介します。この方法を使えば、暗記に掛かる時間を節約できます。特に見て覚える派の人には役立つはずです。 ざっくりどんな方法か 暗記する物...

なぜ勉強する端末をAndoroidではなくiPadにしたか

筆者も最初はAndroidのタブレットを使っていました。

 

両方のタブレットを使ってみて感じるiPadのメリットは

  • Apple pencilの書き心地には勝てない
  • ノートアプリなどの勉強関連アプリが豊富で優秀
  • iCloud、Applecare+で端末故障に強い

という点があると思います。

 

また、医学生としては医学系のアプリが豊富なのも嬉しいところです。

ノートアプリもとてもたくさん有ります。

▼この記事でノートアプリを比較しています。

【勉強目線での選び方】iPad の手書きノートアプリ比較・独自機能まとめ
Apple pencil対応のノートアプリの比較はいくつかありますが、勉強者目線でのレビュー記事は少ないものです。この記事では普段から勉強にiPadを使用している医学生が「勉強用のノートアプリは結局どれが一番おすすめ?」という疑問に答えます。記事の後半では各ノートアプリの独自機能と、勉強への応用も紹介します。

個人的にはApple care+は必須だと思う

筆者はApple care +に全ての端末で加入しています。

Apple care+は1万円ほど掛かりますが、

  • 画面割れ・水濡れも5000円ほどで治る
  • エクスプレスサービスという端末交換の修理が使える

という点でかなり安心感あります。

特にiPadの場合にはiPhoneの保証より安い。

物理的な損傷にも保証してくれる。

エクスプレス交換サービスも何度も利用しているのですが、めちゃ早いのに毎回驚きます。

地方に住んでいる筆者ですが、エクスプレス交換サービスを申請すると翌日には新しいiPadが届いていることも!

今後の端末計画

こんごも端末を売って買ってを行なって、iPadを更新していく予定です。

売るときの価格が高いのもApple製品の魅力ですね。

今の所、サイズに関しては次も10.5inchを購入するつもりです。

 

研修医になれたら買います。。。。

端末を購入するにあたって注意点

iPadの購入に関しての相談を受けることもよくあるのですが、機械系に強くない人ほどキャリア(docomo,au,softbank)で購入している印象があります。

 

 

確かに、キャンペーンでかなり安く購入できることもあります。

 

しかし、あまり詳しくない人がキャリアで購入するとかなりの確率で割高に購入しています。

まずはwifiモデルかcellurモデルの選択です。

筆者の知っている友人にはほとんどwifi環境下で使用しているのにcellurモデルをキャリアで買ってくる人がいます。

iPadはキャリアで買うという印象を持っている人です。

celluarモデルはwifiモデルよりも割高です。

あまり詳しくない人はこの選択だけでもしっかり行うと良いと思います。

▼筆者は楽天を使用して結構安く購入できました。

iPad proを楽天市場を利用して定価より実質2万円安く買った方法を実体験を元に紹介
具体的にはiPadを安く購入するには、学割、再生整備品の活用、楽天市場の活用、年始めのセールがあります。今回は楽天市場で楽天スーパーセ−ルを利用して定価より約2万円安く購入できたので紹介します。 iPadは便利だけど、高いです。そんな...

まとめ

  • iPadを勉強用端末にオススメする理由は豊富な勉強関連アプリとApple Pencil
  • iCloudとApple care+で故障にも強い
  • iPadは10.5inchか9.7inchがオススメ
  • iPadはキャリアで買わないようにしよう

▼勉強用端末で悩んでいる人は必見の記事です。

オススメ【結局のところ】iPad勉強「何が必要」で「合計でいくら予算」が必要か~コスパ最強セットも紹介~

▼iPadで勉強するのに便利なアイテムはこのカテゴリでまとめて紹介しています。

勉強アイテム・端末
「勉強アイテム・端末」の記事一覧です。

 

コメント

メインカテゴリー

デジタル勉強法 ペーパーレス化の方法勉強系アプリ
勉強に役立つアイテム・サービスを紹介