【結局のところ】iPad勉強「何が必要」で「合計でいくら予算」が必要か~コスパ最強セットも紹介~

iPadで勉強してみたいけど、結局のところ何を買えば良くて、いくらかかるのかという記事です。

初心者

iPadで勉強してみたいけど、何が必要かわからない。
けっこうお金がかかりそうだから、できるだけ安くしてほしいです。

中級者

予算も教えてほしい!

筆者

ストレスなく勉強するのに十分なスペックがありながらコスパのいいiPadの選び方を紹介します!

目次

iPadで勉強するには最低限、何が必要か?

まずは、iPad勉強に最低限必要なものを3つ紹介!

  • iPad本体
  • 書き込み用のペンであるApple pencil
  • デジタルノートアプリ

方法については以下の記事で解説しています.

iPadのラインナップ

iPadのには大きさと性能で大きく4種類に分かれます.

  • すべてが最高スペックiPad Pro
  • いいとこどりのiPad AIr
  • コスパ最高iPad
  • 小さめサイズのiPad mini

詳しくは以下の記事で紹介していますが,コスパ重視でねらうべきはiPad,いわゆる無印iPadとなります.

iPadの中古はどう?

iPadの中古はお勧めできません.

毎年どんどん安く,性能アップするiPad

iPadのコスパモデルは進化がすごいんです.

より安く,より性能の良いものが毎年発売されます.

ですので,中古の型落ちモデルは,性能が悪いわりに価格が高くなりがちなのです.

節約したいならむしろ新品を選ぶべし

特に最後の新品で購入すべきというのは筆者の経験的な意見です。

これまでiPadを4台使ってきましたが、新品で購入してもどれも不具合がでてくるものです。

▼これまで経験した不具合

  • 本体の過剰な発熱
  • ホームボタンの接触不良
  • 画面の歪み
  • 電池の過剰な消耗

新品なら少なくとも1年は自然故障に対する保証がついていますし、Apple care+に入れば手厚い保証が受けれます。

  • 中古:保証は全くなし。Apple care+にも加入できません。
  • 新品:1年間の自然故障に対する保証つき。どこで買った場合でも1ヶ月以内ならAppleの公式サイトから有償保証であるApple care+にも加入できる。

中古なら故障した時点で終わりです。だれも責任をとってくれません。

保証がない状態で使用するとちょっとした不具合でもとても不安な気持ちになります。効率よく勉強がしたいのに勉強に集中できないのは本末転倒ですね。

さらに、新品をオススメする理由としては、修理費用の観点でも保証がないときついからです。

iPadは修理費用がかなり高額なので、修理するよりも買い直したほうが安いなんてこともよくあります。

iPad勉強のためのコスパ最強セットは45000円

iPad勉強の開始にあたって最もハードルが高いのが最初の購入です.

このハードルを下げるために最もコスパの高いiPad勉強開始セットを紹介します.

「iPadを勉強に使う」というのは

  • ノートは完全にiPadで作成
  • Wifi環境下での勉強がメイン
  • アプリもしっかり活用して、iPadだけでも勉強できる環境

という前提のもとで考えた最小構成です。

つまり、これが「ストレスなく勉強できるiPadセット」の最低限必要な予算です。

iPad勉強に必要な最低金額は、

  • iPad 2021 64GB wifiモデル 39800円
  • ペン 偽Apple pencil(あとで紹介)3000円
  • ノートアプリGoodnotes5 1000円
  • 液晶ガラスフィルム 1000円

合計 約45000円です.

iPad 2021 wifiモデル 64GB 39800円

まずはiPadの選び方.

コスパのよい機種である無印iPadがベストです.

こちらの無印iPadは性能が低いわけでは決してありません.

安い理由は本体の形を毎年同じにして,中身のCPU(頭脳)を新しいものにアップデートして毎年発売しています.

なので処理性能はかなり優秀.

ストレスもありません.

弱点としては第1世代Apple pencilにしか対応していないのですが,次に紹介する偽Apple pencilを選択することで予算を抑える&充電しにくいことをカバーできます.

iPad 10.2inch WiFiモデル64GB

Apple(アップル)
¥39,800 (2021/09/20 02:07時点 | Amazon調べ)

iPad勉強開始のタイミングならストレージは64GBでOK

2020年モデルまではストレージの最小が32GBだったので最小構成はおすすめできなかったのですが,2021年モデルからは最小構成が64GBにアップしました.

iPad勉強を始めるタイミングであれば,64GBで数年は使用可能なので,導入としてはOKです.

もし,動画をたくさん保存したり,たくさんゲームをいれたいなど勉強以外の用途と併用するなら1段階UPしたストレージがおすすめです.

筆者

勉強量が多い場合などは128GB以上をお勧めしています.でも,最初は64GBで全然OKです.以下の記事を参考にストレージを選んでください.

勉強用iPadはwifiモデルで問題なし

iPadは毎月維持費がかかると思っているかたもいると思いますが,wifiモデルを選択すれば毎月の維持費はかかりません.

勉強用iPadであればwifiモデルで問題なく使えますので価格が安く,毎月のお金もかからないwifiモデルを選びましょう.

Apple pencilはサードパティ製で代用可能

Apple pencilの値段が高すぎることもiPad勉強のハードルを上げる要素です.

でも最近はサードパティつまり,Apple以外のメーカーが作ったペンも十分な性能となってきています.

なんなら,Apple pencilと大差ないレベルです.

筆者

筆者もここで紹介している「偽」Apple pencilを愛用しています.

ちなみに紹介している製品以外の偽Apple pencilは試していないため同じような性能かは,わかりません.

筆者と同じモデルをおすすめします.

ノートアプリはGoodnotes5をえらぶべし

iPad勉強のためのノートアプリはいろいろな種類がありますが,まずはGoodnotes5を選ぶのが間違いありません.

有料アプリなので抵抗がある人もいるかもしれませんが,このアプリは間違いなく1000円以上の価値があります.

正直,一万円してもおすすめするレベルの最高アプリです.

どんなレベルの人もこのアプリで間違いはありませんので購入しましょう.

ガラスフィルムは最低限の防御力のために貼るべし

iPadの最も故障リスクの高い場所が液晶です.

液晶割れの経験は誰にでもあると思います.

このリスクを減らしてくれるがのガラスフィルムです.

そんなに高いものでもないので,コスパ重視でそろえる場合にも,貼るべきです.

ガラスフィルムにはそこまで大きな性能の差はありませんが,貼るときのガイドフレーム付きがおすすめです.

ガイドフレームがあると簡単にきれいに貼ることができます.

プラスチックのフレームを本体に着けて,そのフレームの中にガラスフィルムを入れるだけで貼れるからです.

まとめ

iPad勉強のためのコスパ最強セットは45000円

紹介したものは以下のものです.AmazonでiPadとガラスフィルムとペンをまとめて購入してしまうと便利です.

iPad 10.2inch WiFiモデル64GB

Apple(アップル)
¥39,800 (2021/09/20 02:07時点 | Amazon調べ)

偽Apple pencil

貼るとき簡単ガラスフィルム

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえるとモチベになります!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる