最新勉強用iPadラインナップはこちら!

【結局のところ】iPad勉強「何が必要」で「合計でいくら予算」が必要か~コスパ最強セットも紹介~

8 min

iPadで勉強してみたいけど、結局のところ何を買えば良くて、いくらかかるのかという記事です。

iPadで勉強してみたいけど、何が必要かわからない。

けっこうお金がかかりそうだから、できるだけ安くしてほしいです。

初心者

初心者

初心者

初心者

予算も教えてほしい!

このような疑問を解決できる記事です。

digi(筆者)

digi(筆者)

ストレスなく勉強するのに十分なスペックがありながらコスパのいいiPadの選び方を紹介します!

iPadで勉強するには最低限、何が必要か?

まずは、iPad勉強に最低限必要なものを3つ紹介!

  • iPad本体
  • 書き込み用のペンであるApple pencil
  • デジタルノートアプリ

です。

この3つがあれば勉強を開始できます。

iPad本体の選び方:モデルは4種類+型落ち

iPadにはいくつかの種類がありますが、iPadで勉強する場合にはApple pencilが使えることが必須です。

digi(筆者)

digi(筆者)

現状の最新モデルiPadではApple pencilがちゃんと使えますが、旧モデルを狙う場合には注意が必要です。

Apple pencil:第1世代・第2世代で対応機種の違いに注意が必要

https://www.apple.com/jp/shop/product/MK0C2J/A/apple-pencilより引用

Apple Pencilが他のスタイラスペン(タッチペン)と違う点は圧倒的な使い勝手です。

一方デメリットは安い方の第1世代でも高価なこと。

だいたい1万円前後です。

最近はApple以外のメーカーが作ったAppleペンシルもどきでも良い性能を持っているので、今回のコンセプトであるコスパ重視の選び方ではおすすめします。

digi(筆者)

digi(筆者)

性能はいい感じで値段が純正の1/3です!!

デジタルノートアプリ

デジタルノートアプリはiPadをデジタルノートとして利用するには必須のアプリです。

このアプリに関してはiPadとApple pencilを揃えてから購入するものですので、ここでは省略します。

勉強法などについてはマニュアルの方をごらんください。

勉強に問題ない範囲で予算を抑えたコスパ最強セット:約6万5000円

初心者

初心者

勉強するのに影響のない範囲で、できるだけ予算を抑えたい!

という人も多いハズです。

ここでは勉強に差し支えない範囲で予算を抑えたベストな選択を紹介します。

digi(筆者)

digi(筆者)

「iPadを勉強に使う」というのは

  • ノートは完全にiPadで作成
  • Wifi環境下での勉強がメイン
  • アプリもしっかり活用して、iPadだけでも勉強できる環境

という前提のもとで考えた最小構成です。

つまり、これが「ストレスなく勉強できるiPadセット」の最低限必要な予算です。

iPad勉強に必要な最低金額は、

結論から書いておくと、

  • 本体:iPad(無印) 128GB 約49000円
  • ペン:非純正Apple pencil 3000円
  • ノートアプリ:GoodNotes5 約1000円
  • 液晶ガラスフィルム 約1000円

合計金額 54000円

本体のオススメはiPad 10.2inch/128GB/wifiモデル:約50000円

https://www.apple.com/jp/ipad/より引用
digi(筆者)

digi(筆者)

コスパ重視のiPad本体としてオススメなのは、このiPadです。

理由としては、

  • iPad Proじゃなくても勉強するなら性能面では問題なし。
  • 128Gbの下は32GB。32GBではちょっと不安。
  • Wifi環境下で使えるなら維持費もかからないWifiモデル。
  • できれば新品で購入すべし。

という理由でオススメしています。

Apple pencil対応のiPad(2018)

コスパ最強セットのiPad本体の選択としてはApple pencil対応のiPad(2018)を選択します。

Proは価格が倍近いうえに出来ることには差がほとんどありません。

iPadはAppleという単一のメーカーが本体、アプリ、OSまで統一されて提供されていますので、格安モデルといっても高性能で動作速度もかなり早いです。

モデルによってアップデートに違いがあるわけでもないので、コスパの良いこの無印iPadがオススメです。

ストレージは128Gbをオススメする理由:32GBでは少し不安

ストレージで128GBをオススメする理由は、現状のストレージのラインナップです。

以下の表を見てください。

https://www.apple.com/jp/ipad/compare/#ipad-pro-10-5,ipadより引用

今オススメしているのは、一番右側の「iPad」というモデルです。

現状のラインナップでは32GBか128GBの2種類です。

32GBの場合、実際に使用出来るのは22GBくらいです。

digi(筆者)

digi(筆者)

実際に買って試しましたよ!一番最初から空いているストレージは22GBでした!

え?なんで???

初心者

初心者

理由としては、OS「オペレーションシステム」というiPadを動かすのに必要なデータが保存されているからです。

OSと自分で使える容量を全部含めて32GBということですね。

digi(筆者)

digi(筆者)

22GBしか使えないの、ではちょっとアプリを入れただけで不足する未来が見えています!

しかも!!!

iPadはメモリーカードを指すことができません!!!

ということは、

容量が不足するようになったら、また5万円近く払って本体から買い直す必要があるのです。

となると、残された選択肢は128GBモデルになりますね。

Wifiモデルor Cellurモデル: コスパ重視ならWifiモデル一択!!

次はwifiモデルかcellurモデルの選択です。

digi(筆者)

digi(筆者)

celluarモデルというのは、simカードを指すスロットがありスマホのように本体だけでネットに接続出来る機能をもったモデルです。wifiを使うこともできます。

まず、Celluarモデルというだけで本体価格が+1万円!!!

さらに、自分で通信する機能を持たせるにはデータ通信量が毎月1000円以上かかってきます。(格安simで契約しても)

iPad勉強で主に使用する機能である、ノートアプリや教科書を読むアプリではずっとデータ通信が必要なわけではありません。

digi(筆者)

digi(筆者)

どこかでwifiが使えて、アプリのダウンロードなどができれば十分なのです。

もちろん、Celluarモデルでwifi使用も可能です。データ通信できるようCelluarモデルにしておくのもありですがコスパを追求する上では削ってもよい機能といえます。

iPadは新品or中古の選択:お金がないならむしろ新品を選ぶべし

特に最後の新品で購入すべきというのは筆者の経験的な意見です。

これまでiPadを4台使ってきましたが、新品で購入してもどれも不具合がでてくるものです。

▼これまで経験した不具合

  • 本体の過剰な発熱
  • ホームボタンの接触不良
  • 画面の歪み
  • 電池の過剰な消耗

新品なら少なくとも1年は自然故障に対する保証がついていますし、Apple care+に入れば手厚い保証が受けれます。

  • 中古:保証は全くなし。Apple care+にも加入できません。
  • 新品:1年間の自然故障に対する保証つき。どこで買った場合でも1ヶ月以内ならAppleの公式サイトから有償保証であるApple care+にも加入できる。

中古なら故障した時点で終わりです。だれも責任をとってくれません。

保証がない状態で使用するとちょっとした不具合でもとても不安な気持ちになります。効率よく勉強がしたいのに勉強に集中できないのは本末転倒ですね。

さらに、新品をオススメする理由としては、修理費用の観点でも保証がないときついからです。

iPadは修理費用がかなり高額なので、修理するよりも買い直したほうが安いなんてこともよくあります。

digi(筆者)

digi(筆者)

修理費用が高いからこそ、お金がないなら余計に新品がオススメというわけです。

しかも、最近iPadだけでなくApple pencilも保障に加わったようですね!!

Apple pencilは純正じゃなくてもOK

Apple pencilはiPadを購入するなら絶対に必要なアイテムです。

以前はこのサイトでも純正品をおすすめしていましたが、最近は非純正品でもおすすめできる性能になってきました。

実際に筆者が購入して使っている↓のモデルがおすすめです。レビュー記事の中に商品リンクも貼ってあります。

【注】純正Apple pencilには現在2種類存在します。対応機種が全く異なるのでしっかり確認しましょう。

ノートアプリはとりあえずGoodnotesが最も安心:約1000円

ノートアプリもいろいろあって選ぶのが大変ですが、とりあえずGoodnotesというアプリにしておけば間違いはありません。

10以上の有料ノートアプリを購入してきましたが、現状で最も使いやすいのはGoodnotesです。

人気もあるアプリなので使っている人が多いというのも安心ですね。

【追記】Goodnotes5が出ています。バンドル購入という方法でGoodnotes4とGoodnotes5を両方買っても単体と同じ値段で購入できるようになっているのでこの制度を利用して両方購入しておくのがおすすめです。↓の記事で解説しています。

GoodNotes5レビュー!全てのノート、PDFをまとめて横断的に検索可能になった神ノートアプリ!一番おすすめのノートです!

今回の記事の趣旨はコスパの良い勉強用iPadの選び方なので、

新型iPad Proが 出ましたが結論は変わらないということです。

ちなみにiPad Proと迷っている方はこちらの記事へ↓

iPad勉強最強コスパセットまとめ

理由をいろいろ紹介しましたが、このセットを購入しておけば予算を抑えながら、iPad勉強はしっかり行えます!

Apple製品は値段の変動・割引が少ないので、いつ、どこで買っても価格の差が大きく違うということはありません。

digi(筆者)

digi(筆者)

つまり、決めたらそこで購入してOKということです。

さすがに、新製品発売直前は避けましょう。具体的には春と秋がそのタイミングになります。詳しくは筆者のTwitterでリアルタイムに解説しています。

iPad勉強が効率的でとても便利な勉強法なのは間違いありません。

digi(筆者)

digi(筆者)

参考までに、筆者の所属する医学部の同学年の医学生の8割はiPadを使って勉強しています。勉強量が多いからこそ、効率を求めて同じところにたどり着いたというわけです。

すべてのラインナップの解説は以下の記事で紹介しているので、今回おすすめしたコスパセットを考えている人も後悔しないために一度は目を通しておいてください。

iPadで勉強する上であると便利なもの

ここからはiPadで勉強する上であると便利なものを紹介します。最小限はいままで解説してきましたが、ここからは更に便利にするためにあると便利なアイテムという感じです。

ペーパーライクフィルム

iPadに書き込んで勉強する場合、どうしても紙と鉛筆で書き込むよりも、摩擦感が少なく違和感を感じる人も多いです。

慣れの問題なので、すぐに慣れますが、その最初の違和感を減らしてくれる一品です。

ペーパーライクフィルムは、iPadとApple pencilの摩擦を上げることで、紙と鉛筆で書いたような感覚を作り出してくれます。デメリットとして、Apple pencilの先端がすり減る速度は速くなりますが、Apple pencilの先端は交換可能なので安心です。

[affi id=21]

iPadスタンド

ペーパーライクフィルムは、摩擦が大きくなりApple pencilの先端が消耗するのが早くなります。

先端の消耗を避ける方法として筆者は、ガラスフィルム+iPadスタンドを愛用しています。

Apple pencilカバー

Apple pencilのキャップは磁石でくっついているのですが、ふとした瞬間になくなりがちです。キャップがなくなると一気に見た目が残念になります。これはどんなにしっかりした人でも起こりうると思うので、キャップ保護の対策はしたほうがいいと思います。

▼こちらはグリップも太くできるタイプです。筆者はこれを使用しています。持ったときもグリップ感が良くなって、太めのペンが好きならおすすめです。

[amazon asin="B01LRRNJIY" kw="Pencil Barrier™(クリアホワイト)Apple Pencil を保護しグリップ力をアップする シリコン製カバー・充電時のキャップ紛失を防ぐ収納ヘッド搭載・〜 ペンシルバリア〜"]

▼こちらはキャップだけを保護するタイプ。こんなのが売られてしまうほどキャップがなくなりやすいんです。ペンの太さを買えたくないならこちらがオススメ。

[amazon asin="B078RHV2RJ" kw="Apple Pencil 専用 キャップカバー Qosea ペン先カバー アダプタ連接用カバー シリコン 紛失 落下防止 超軽量 3点セット(ホワイト) アップルペンシル Pencil Cap Cover Lighting Adapter Cover"]

iPadケース

iPadを持ち歩くときに困るのがApple pencilの保管場所。

このiPadケースならApple pencilもイヤホンも充電ケーブルも同時に持ち運べます。

しかも安い。

[affi id=24]

値段のことを考えなければ、AppleからApple pencilも完璧に収納可能なレザーケースが発売されています。デザイン的にはこちらの方が優れています。

[amazon asin="B072K4MCZT" kw="Apple 10.5インチiPad Pro用レザースリーブ - ミッドナイトブルー"]

Mac

PCもAppleで統一するとバックアップの点で非常に便利になります。ただ、こちらは非常に高価ですし、必ずしも必要というわけではありません。

[affi id=13]

最強のモバイルバッテリー

この製品は圧倒的な容量があり、これを持っているときに安心感は他にありません。iPadで勉強する際の最大の敵は充電切れです。これを持っていれば、iPadの充電で困ることはまず無いと思います。おすすめです。

[amazon asin="B019GNUT0C" kw="Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) 【PSE認証済 / PowerIQ搭載】iPhone&Android対応 *2019年4月時点(ブラック)"]

高速充電器&モバイルバッテリー

先程も紹介した、モバイルバッテリーですが、もう一つオススメなものがあります。それがこちらの製品です。

[amazon asin="B01LATWL5G" kw="Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 【PSE認証済/PowerIQ搭載/折りたたみ式プラグ搭載】 iPhone、iPad、Android各種対応 (ブラック)"]

このままコンセントに挿して、急速充電器にもなるもので、充電器の根本を持ち運ばなくて良いのです。持ち物を減らしつつモバイルバッテリーとして活躍できます。

▼こちらも記事にしていますので良ければどうぞ

まとめ:合計6万5千円で最高の勉強環境を手に入れませんか?

最後にコスパ最強セットを再掲しておきます。

6万5千円と安くはない金額ですが、勉強という自己投資の面で考えれば金額以上の効率を生み出してくれるはずです!

迷う段階まで来ているのなら、買っちゃいましょう!

▼iPad 10.2 inch

[amazon asin="B07NLL4ZXN" kw="Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 128GB) - ゴールド"]

▼Apple Pencil

[affi id=10]

▼液晶保護フィルム

[amazon asin="B01C9XF6NQ" kw="キーワード"]

勉強・お仕事お疲れ様です.ちょっと疲れた時の息抜き
勉強後

勉強後

あ~.勉強も疲れた.なんか息抜きしたいけど,コロナでどこも行けないし,つまんない.

私も使っている,息抜きを紹介するよ.勉強も仕事もメリハリが大事!!

digi(筆者)

digi(筆者)

Amazon Primeは映画・ドラマ見放題サービスで最安

Amazon Prime会員に登録すれば,映画・ドラマが見放題.勉強の息抜きに最適です.

digi(筆者)

digi(筆者)

30日間無料体験もできるので,1か月間使ってみるのがおすすめです!!

digi(デジ)

digi(デジ)

デジタル勉強歴5年以上。デジタル勉強合計時間は4000時間以上。デジタル勉強ガチ勢のマニュアル作成。iPad勉強で医師国家試験合格。
Twitterにて節約情報や記事の更新をお知らせしています。

FOLLOW

関連記事

質問やコメントはこちらから!!Twitterアカウントでログインできます!