意外に使える「非」純正「偽」Apple pencil(中華スタイラスペン)をiPadで使ったレビュー

今回、非純正Apple pencil(つまりはApple pencilを似せた模造品)を購入してみたのでレビューします。

目次

Apple pencilは高すぎる 代わりのスタイラスペンを探す

iPad Proに使用できるApple pencil2は低下で1万5千円くらいします。

これだけで、安物タブレットを買えちゃいます。

筆者

これまで、Apple pencil純正推しでしたが、Amazonレビューがあまりに良いので、Apple pencilを紛失したのをきっかけに偽ペンシルを買ってみました.

その結果,ぜんぜん偽ペンシルでも使える!ということが分かったのでこの記事で紹介していきます.

筆者

確かに,純正はマグネットについて充電できるし,ペアリングも横につければOKだから便利なんだけど,1万5千円くらいするので紛失のダメージが大きすぎる!!

Apple pencilを買う値段でAmazonの10インチタブレット本体を変えてしまうという衝撃.

偽Apple pencilはいろいろある

「iPad スタイラスペン」でAmazonを検索すると、大量の中華スタイラスペンが出てきます。

説明の日本語が不自然なのですぐに分かりますね。

どれもデザインがアップルペンシルと同じ。

今回はその中で、以下の条件で選んでみました。

  • レビューがよい
  • USB-TypeC充電
  • iPad Proの側面にマグネットでつく(充電はできません)

アップルペンシルの代わりとして, JAMJAKE スタイラスペン 

そして選んだのがこの製品

さっき書いたように

  • レビューよし
  • 側面マグネットくっつく(充電はできない)
  • 充電はUSB typeC

という条件を満たした製品がこちらです。

中華Apple pencilを開封

外装は意外としっかりした印象。

中身はシンプル

  • ペン本体
  • USB B-Cの充電ケーブル
  • 交換用ペン先
  • 星5レビューすれば1000円あげるという怪しいクーポン

最後の怪しいクーポンは以前ツイートしてたこちらです。こういうクーポンでもらえるAmazonギフト券を使用するとAmazonアカウントごと使用停止にされるという噂もあるので応募しないようにしましょう.

機能&性能

機能は十分!!

これまで非純正スタイラスペンでさんざん失敗してきた経緯があったので、この偽Apple pencilにも手を出さずにいましたが、今回は満足の性能でした。

説明書のカタログスペックでは1時間の充電で10時間使えるとのこと(実際にはそこまで期待しない方がよさそう.)

デメリット
  • TypeC充電なので、LightningケーブルのiPadだとコードが2本に。
  • Apple care+対象外
  • 筆圧検知なし
  • 傾き検知もいまいち
  • 充電中は書けない
メリット
  • TypeC充電なのでiPad Proなら同じコード
  • 価格が安い
  • 性能も十分
  • 手をついて書ける
  • 細かく書ける
筆者

純正が優れているのは間違いないけど、価格とのコスパを考えれば、ぜんぜんアリです!実際筆者も使っています.

偽Apple pencilも勉強する上でストレスなしの性能

2台のiPadに同時ペアリング

実際はペアリングしませんが、わかりやすさのために「2台同時ペアリング」としました。

この製品「ペアリングしないから2台交互に書ける」製品でもあります。

筆者のように複数のiPadを使っている人にはおすすめです。

ペアリングしないので、複数のiPadで書ける

https://twitter.com/digista_net/status/1378689025075073029

動画をみてもらえばわかると思いますが,書いた感じはそんなに純正Apple pencilと変わりありません.

2台のiPadで交互に使用可能で,とくに何も操作は必要ありません.

もちろん手をついて書くことができます.

電池は本物より長持ちの印象.オート電源OFF機能搭載

本家のApple pencilは常に側面にくっつけて充電されていることを想定されています.

そのため,充電していないとすぐにバッテリー切れになります.(くっつければすぐに充電できるので別にいいけど)

偽アップルペンシルはオート電源OFF機能がついているので特に充電しなくても電源が長持ちします.

再度使うときにはボールペンみたいにペンの頭をクリックすればOK.これですぐに使えます.

「これでいいじゃん」って感じです.

勉強用なら偽Apple pencilで十分

お絵描きする人のように傾き検知機能がしっかり必要な人を除けば,普段使いに偽Apple pencilはぜんぜん問題ありません.

筆者も本物のApple pencilを紛失してから偽物を使っていますが,特にストレスはなく,むしろまた無くしても安く済むという意味でストレスフリーです.

マグネットでくっつくので持ち運びにも便利ですし,見た目もApple pencilそっくりなので,基本的にほかの人に偽物とばれることもありません.

ほとんどの人にはこれで十分なスタイラスペンです.

iPadは値段が高いのでこういったところで節約するのもありでしょう.

筆者はこの記事で紹介している偽Apple pencilしか試していません.ほかのメーカーのものは十分に使えるかわからないので,購入時にはお気をつけください.

筆者

知ってますか?AmazonもApple製品公式です.
ポイントは日々変動します,今日はお得な日かも?
気になるものがあればチェック!!

iPad Pro/iPad Air/iPad/iPad mini
Apple watch SE/Apple watch6
Air Pods Pro/Macbook Air

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえるとモチベになります!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる