教養人にオススメ!3000円分のポイント貰える!Amazonの新時代サービスAudibleで激アツ!キャンペーン
カテゴリー

教科書のPDF化(自炊)の方法〜裁断業者編への依頼方法〜

デジタル勉強解説
OpenClipart-Vectors / Pixabay

〜オススメ記事〜

本サイトのメインコンテンツ

「iPadで勉強」のマニュアル

「勉強用iPadの購入を考えていませんか?」
「iPadの購入の値段で悩んでいませんか?」
iPad勉強歴3年以上の筆者が勉強に十分な性能・容量+できるだけ金額を抑えるiPadの選び方を紹介しています。
勉強用iPadコスパ最強セットの紹介

「教科書買うときに、学生ならポイント18%もらえるのに定価で買っていませんか?」

知らない人が損してるモノ凄い学割の紹介!

【知らない人は損してる】学生なら教科書・書籍をかなり安く購入できるの知ってます?

Amazonの新サービスaudibleを無料で使えて3000ポイントゲットできるキャンペーン!

筆者も使ってみましたが、想像以上のクオリティ。知識人のための新常識になりそうな予感です。

▶Audible

教科書(今回は医学書)をスキャン(自炊)してPDF化するには、まず本を裁断してバラバラにすることが必要です。

裁断に関しては、裁断代行業者を利用することがオススメです。

裁断代行業者の選び方と依頼方法を紹介していきます。

▼教科書PDF化シリーズ記事

  1. 総論&準備編
  2. 裁断業者依頼編←この記事
  3. 裁断業者レビュー編
  4. スキャン編

 

スポンサーリンク

裁断代行業者とは?

教科書をPDF化することを俗語で自炊といいます。

この自炊の過程には3段階あります。

  • 裁断
  • スキャン
  • OCR化(文字認識)

です。

裁断代行業者ではこの裁断の過程を行ってくれます。

自炊代行業者はこの全ての過程を行ってくれます。しかし、現在は違法との判決も出ていて、法律的にまずい状態です。スキャンした後の書籍も返却してくれない業者も多く、PDFも業者の手に渡るため、「漫画村」のような違法サイトの元になったのでは無いかと筆者は考えています。
Mr.Pad
Mr.Pad

間違えないように気をつけて!!

裁断代行業者は切ってくれるだけで、書籍も業者の手元には残らず安心です。

業者の選択

裁断代行業者はいくつかあり、料金体系もそれぞれ異なります。

重要なのは、お金がかかるのは送料ということです。

ですので、業者の選択のポイントは

  • できるだけ自分の家から近い業者
  • 返送料無料などの料金体系

です。

数百冊頼む場合には話が変わるかもしれませんが勉強に使用するような厚い本の場合にはこの原則はが重要です。

今回筆者が選択したのは、カットブックプロという業者さんです。

業界最安値の本裁断サービス カットブックプロ CBP
書籍スキャンに最適な書籍裁断サービスのカ...

以前にも一度この業者さんを利用したことがあり、安心感があったことその際の梱包が丁寧であったことが決め手です。

業者に注文

業者を選択したら、ホームページから注文を入れます。

今回筆者が選択したのはこちらのコース。

20冊裁断パックです。こちらのパックには返送料が含まれていますので、あと掛かるお金はこちらから業者に送る送料と振込手数料くらいです。

ちなみにこの業者さんの場合、クレジットカードでの支払いが代引き時にしか使えないので、代引き手数料か振込手数料がかかってしまいます。

裁断料がかなり安いので、しょうがないですが。

発送

ダンボールの準備

発送は1つのダンボールで送らなければいけません。(この業者さんの場合)

教科書、しかも医学書を20冊まとめて送るとなると大きめのダンボールが必要です。

今回はたまたま楽天で注文したクリスタルガイザーの箱がありましたので、そちらを利用しました。

ダンボールの入手に困るひとにはこちらもおすすめです。

1本あたりに直すとかなり安く、コンビニで飲み物を買うよりは安く済み、水筒にお茶を詰めるより手間がかかりません。

話を戻します。

▼今回送る本20冊はこちら。

医学書は厚いので結構な重さ、厚さになります。

これを先程のクリスタルガイザーの箱に詰めていきます。

箱の底にあたる部分はガムテープでかなり補強をしました。

まず本がちゃんと入るかどうか入れてみます。

ちゃんと入りました。

次は、箱のサイズを小さくしていきます。

送料のシステム上、小さいほうが送料が安くなりやすいからです。

▼この図の右側のピンクの部分が切れ込みを表しています。

このように入れる量に合わせて箱のサイズを変えれば、送料の節約になります。

本の水濡れ対策

ダンボールで送りますので、水濡れにはとても弱くなります。

配送の際には何かの事情で濡れてしまうことを考えて、水濡れ対策をすることがおすすめです。

濡れてしわくちゃになったり、ページ同士がくっついたりすると、スキャンの手間が倍増しますし最悪の場合スキャンできません。

筆者の場合には何冊かまとめて、ビニール袋に入れています。

箱詰めが終わりました。

この業者さんでは前回の返送時にも袋に入れて送ってくれたので、今回は予備の袋も何枚かつけて箱詰めしました。

ガムテープで固めて完成です。

かかった費用の合計

今回の20冊の裁断では、

裁断料金&返送料込→2000円

送料→1000円

振込手数料→500円

の合計3500円でした。

裁断機の購入や刃のメンテナンス費用、裁断に掛かる時間を考えれば安いもんだと思います。

まとめ

裁断代行業者を利用したことが無い方にどのような雰囲気で利用できるかをお伝えしたく今回の記事を作成したのですが、雰囲気くらいは伝わったでしょうか?

この記事を作成している時点ではまだ配送されてこないのですが、前回はかなり早く送り返してもらえたので、そろそろ送られてくると思います。

どのような感じに裁断されてくるのかも、また記事にしますので、そちらもよろしくお願いします。

【追記】返送されてきた感想を記事にしました。

自炊のために裁断代行業者に裁断してもらったレビュー「完璧な仕上がりに驚き!」
今回は以前にも利用したことのあるカットブックプロさんを利用させてもらいました。評判が気になる方にも役に立つようにレビューしていきます。この業者さんから依頼されたり、リターンをもらっているわけでは無いです。本音のレビューです。 利用した業者...

▼教科書PDF化シリーズ記事

  1. 総論&準備編
  2. 裁断業者依頼編←この記事
  3. 裁断業者レビュー編
  4. スキャン編

[目次誘導]

コメント

メインカテゴリー

デジタル勉強法 ペーパーレス化の方法勉強系アプリ
勉強に役立つアイテム・サービスを紹介