死角なし万能機 iPad Air (2020) を勉強目線でレビュー

Pro に負けない性能とPro よりもずっと手が届きやすい価格。M1 iPad Proが出てた今でも、勉強目線ではおすすめNo1のiPad AIrをレビューします。

初心者

勉強用iPadを1台だけ購入するからサイズを選んでほしい。

中級者

勉強用iPadでバランスの良いiPadを買いたい

筆者

それならiPad Airがおすすめです。

目次

購入レビュー

もちろん今回も購入したレビューです。

カラーバリエーションが豊富なのもiPad Air2020の魅力です。

iPad Airなら好きな色を選べて勉強のモチベーションもUP

今回はグリーンを購入しました。

iPad Airは初期iPhoneを連想させる板っぽいデザインです。

最近のiPadの形状です。

新モデル感がいいですよね。

電源ボタンtouch IDを搭載した唯一のモデル

この電源ボタンで指紋認証が使用できます。

ホームボタンをなくしてベゼル(縁)を薄くする最近の方針に一致した最適解です。

その代わり顔認証は搭載されていません。

反応速度は良好。位置がこれまでにないので慣れは必要です。

人指し指で電源ボタンを1回押すとそれだけで、画面のロックも解除されます。

筆者

ころなのせいでマスク必須な状況では指で解除できる方が便利です。

充電端子はUSB-typeC

充電端子はこの画像のようにTypeCです。

最近はこの端子に統一されているので荷物スッキリです。

USB-typeCは壊れにくく(体感)、小さいプラグでも高速充電できるので、iPadにぴったりです。

Smart Keyboad Folioももちろん対応

この章のタイトルどおり今回のiPad Airはほんとに死角なし。これまではiPad Proだけの専売特許だったSmartKeyboadにもしっかり対応。

Apple pencilも第2世代対応

よこにくっついて充電できるApple pencilももちろん新型の方に対応しています。

逆に第1世代Apple pencilには対応していないので、iPad Air2020では使えません。

買い替えの際にはApple pencilも使う必要があります。

Apple(アップル)
¥15,286 (2021/10/23 18:23時点 | Amazon調べ)

これが高いんですよね。

性能に対して価格が安い!!

iPad Airは

  • Pro並の性能(最新型のM1にはさすがに及びませんが。)
  • Apple pencil2対応

を持っていながらProより安いのです.

Pro並のCPU性能

搭載されているCPUは2020年モデルのiPad Proに匹敵する性能です。

勉強にはそんなにCPUは必要ないのですが、大量のPDFなどを検索する場合には性能が高い方が高速です。

最高スペックに近い性能を持っているのでどんな勉強スタイルでも安心です。

Apple pencil2は側面充電

第2世代Apple pencilは2018年に発売されたモデルなので特別新しい内容でもないのですが、現在のラインナップでは無印iPadはApple pencil第1世代のみの対応です。

iPad Airは第2世代対応なので、側面にマグネットでくっついて充電可能です。

側面充電は、勉強量が多い人ほど役に立つ機能です。

ペンを置くスペースにもなり、使いながら充電できるので、何時間でも連続勉強が可能になります。

iPad AirがiPad Proに劣る点

  • 選べるストレージの最大容量が少ない
  • 最小容量が64GB

勉強目線でiPad Proに劣る点は選べるストレージの最小サイズが64GBである点です。

Apple製品は最小ストレージが一番コスパがよかったりするので、128GBが最小容量なら効率よかったんですが。残念。

最小容量ではストレージ不足が心配なので、基本的には128GB以上がおすすめです。

逆に,最小容量が64GBなのは大きな弱点です.

筆者が考える勉強用iPadの理想容量は128GB以上だからです.

あわせて読みたい
何GB買えばいい?勉強用iPadのストレージのおすすめをiPad勉強マニアが紹介 iPad勉強を始める際に一番迷うのは、どのiPadの何GBを購入するか。 この記事ではiPad勉強歴5年以上、iPad勉強で医師国家試験を突破している筆者が実体験を元に、なんギ...

iPad Air2020を勉強に実際に使ってみた感想

一言で言えばこれでOK。

もともとiPadは10-11inch程度がもっとも万能で使いやすいサイズです。

このサイズ感に最新の必要な機能がぎっしり、詰め込まれたタブレットに仕上がっています。

Appleの安めのモデルにありがちな型落ち感はありません。

iPad Air2020はこれを選んでおけば間違いないという、スタンダードモデルです。

一つ気になる点は、従来の9.7inchのiPadにくらべてiPad Airは10.9inch。

大きくなった分はベゼル(縁)のぶんが薄くなったことでカバーされており、本体サイズはほとんど変化していません。

しかし、ディズプレイの形状が横に細長くなっているようにも感じます。

縦向きよりも横向きのほうが使いやすいです。

最近のiPadはキーボードがついて横向きでの使用を重視した作りになってはいるので、その方針の通りですが、ノートを書く際には縦使いが多くなりがち。この点のみ気になりましたが、慣れの問題でしょう。

万能の勉強端末

ストレージを256GBのものを選べば,性能も十分でApple pencilなどのアイテムも最新のものに対応しているiPad Airは最高の万能勉強になってくれます.

歴代のiPadの中でも完成度が高く、購入時の満足感が高い製品です。

カラーバリエーションも豊富で勉強のモチベーションになります。

2021年5月時点値段と性能のバランスでは最もおすすめのモデルです.

ぜひ検討してみてください.

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえるとモチベになります!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる