【還元率20%】Amazonで5000円分チャージするだけで1000ポイントもらえる!お得なキャンペーンが期間限定! 詳細はこちら!
カテゴリー

GoodNotesで2台(複数台)のiPad/iPhoneで同じノートのデータを共有してどちらの端末でも見れるようにする方法【有用ツイート解説】

Goodnotes
この記事は約5分で読めます。

今回はGoodNotesで複数台を同期する方法を解説します。

元のツイートは

@dasmanchan(だすまんさん)

のこのツイートです。

このツイートでは何が起こっているのか解説

ツイートの中身について解説いたします。

このツイートでは、iPadで書き込んだ内容がすぐにiPhoneでも見れるということが紹介されています。

iPadで勉強して、出かけるときにはiPhoneだけ持っていく。そのときに、家で書き込んだノートの中身がiPhoneにも自動で送られてきていて、外出先でも復習できる。

とても便利な環境が構築されています。

このツイートで使用されているアプリはGoodnotesというノートアプリです。

現時点での最新版はGoodnotes5ですが、ツイート主のだすまんさんは安定性を重視し、Goodnotes4を利用されているようです。

GoodNoteで複数台の同期を有効にする方法

ここからはどうやったらこのツイートのような環境を構築できるかを解説していきます。

このように複数台でデータを自動共有することを同期といいます。

Apple製品はこの同期がとても簡単にできるのが魅力です。

Apple製品で同期を利用する場合にはiCloudを利用します。

iCloud同期」と呼ばれる機能です。

iCloud同期には難しい設定は必要ありません。

必要なのは

  • iCloud同期に対応したアプリ
  • iCloudの空き容量
  • 通信環境

の3つです。

iCloud同期に必要なこと①iCloudに対応したアプリ

iCloudに対応したアプリにはいろいろありますが、多くのノートアプリはiCloudに対応しています。

対応しているかどうかは、App Storeのアプリ説明をみればすぐに分かります。

↓こんな感じで書いてあります。

GoodNotes以外にもNotabilityなどもしっかり対応しています。

GoodNotes4の設定方法

設定方法としてはGoodNotes4なら

右下のオプション>iCloud>iCloudを使用

GoodNotes5なら

右上の設定マークをタップ

「設定」をタップ


iCloud設定をタップ

「iCoudを使用」をONにします

iCloud同期に必要なこと②iCloudの空き容量

iCloud同期に必要なことの2つ目はiCloudの空き容量です。

これが分かりにくいのか、つまずく人の多い点です。

iCloud同期では、データをiCloudというクラウド(個人用のネット上データ置き場)に保存して、それをiCloudに連携されている複数のApple端末に送信しているので、iCloudの空き容量が必要です。

基本的に無料で使えるiCloudの空き容量は5GBですが、ここにはノートのデータだけではなく、写真のデータなども含まれるので多くの人がいっぱいになっているはずです。

なので、このツイートのようにiCloud同期を使って複数端末でデータを共有したい場合には、基本的に有料契約を行う必要があると考えてください。

つまり、月額課金が必要です。

料金は↓こんな感じです。

Apple公式サイトより

基本的に勉強用ノート同期目的なら最安の50GBで十分です。

iCloudの容量の課金方法は以下の公式ページで解説されています。

iCloud ストレージの容量を買い足す
だれでも自動的に 5 GB 分の iCloud ストレージを写真、ビデオ、ファイルなどの保管用として無料でご利用いただけます。iCloud ストレージが足りなくなった場合は、自分のデバイスからプランをアップグレードできます。

必要なもの③通信環境

最後に、重要なのが通信環境です。

今回の方法ではiPadで書き込んだデータをネット経由で同期しているので、iPadとiPhoneがネット通信できる環境にあることが必要な条件になってきます。

iPhoneはモバイルデータ通信ができることがほとんどだと思いますが、iPadがwifi環境にない状態では同期は使えないので注意してくださいね。

まとめ

ここで元のツイートをもう一度見てみましょう。

なにが起こっているか理解できたでしょうか?

  • 使っているアプリはGoodNotes(4でも5でもOK)
  • iCloudには月額課金が必要
  • iCloud同期をアプリの設定からONに
  • データ通信ができる環境でiPadを使用
  • iPadで書き込んだデータがiPhoneでも見れる!!

ということです。

今回の方法もマスターしてさらに便利なiPad勉強環境を構築しましょう!!

コメント

メインカテゴリー

デジタル勉強法 ペーパーレス化の方法勉強系アプリ
勉強に役立つアイテム・サービスを紹介
タイトルとURLをコピーしました