【還元率20%】Amazonで5000円分チャージするだけで1000ポイントもらえる!お得なキャンペーンが期間限定! 詳細はこちら!
カテゴリー

GoodnotesをPDFリーダーとして使うのもおすすめ!方法とメリットを紹介

Goodnotes
この記事は約5分で読めます。

〜オススメ記事〜

本サイトのメインコンテンツ

「iPadで勉強」のマニュアル

「勉強用iPadの購入を考えていませんか?」
「iPadの購入の値段で悩んでいませんか?」
iPad勉強歴3年以上の筆者が勉強に十分な性能・容量+できるだけ金額を抑えるiPadの選び方を紹介しています。
勉強用iPadコスパ最強セットの紹介

「教科書買うときに、学生ならポイント18%もらえるのに定価で買っていませんか?」

知らない人が損してるモノ凄い学割の紹介!

【知らない人は損してる】学生なら教科書・書籍をかなり安く購入できるの知ってます?

 

iPadで動作の軽いシンプルなPDF readeerをお探しの方におすすめのアプリがあります。それは手書きノートアプリとして有名なGoodnotesです。

この記事では

  • GoodnotesでPDFを読むメリット
  • PDFを読むための方法
  • Goodnotesのデメリット

を紹介します。

PDFを読むアプリの選択は意外に難しい

iPadを使う目的の一つにPDFを読みたいという人は多いと思います。

PDFを読むアプリとして純正品のiBooksを使用するのも良いですが、もっと使いやすいアプリをお探しの方におすすめのアプリがあります。

今回紹介するアプリGoodnotesです。

GoodNotes 4
仕事効率化, ビジネス¥960iOSユニバーサル
Screenshots
Mr.Pad
Mr.Pad

iBooksのようなApple純正のアプリは便利な面もありますが、「直感的操作」を狙うあまり、逆に使いにくくなっている場合も多いので、Goodnotesのような有料アプリを試してみるのもおすすめです。

GoodnotesでPDFを読むメリット

Goodnotesには通常のPDFリーダーに搭載されているような基本的な機能は揃っています。

  • 検索機能
  • 手書き書き込み機能
  • マーカー機能
  • ブックマーク機能

これ以外にGoodnotesだからできることを紹介していきます。

Goodnotesの操作が簡単

Goodnotesは操作がかなり分かりやすいです。ボタンがどこにあるか分からない「直感的」なものではなく、ボタンから必要な操作が行えるような分かりやすいものです。

アプリ自体がサクサク動く

筆者はGoodnotesヘビーユーザーかつ、他のアプリもよく使用しますがGoodnotesはかなり軽く、ページ数の多いPDFでもさくさく動きます。

フォルダ管理が便利

Goodnotesのファイル管理は

  1. マスターカテゴリ
  2. カテゴリ
  3. ノート

という3層構造の管理が可能です。

要するに、Windowsパソコンのようなファイル管理が可能であるということです。

(PCのように無限ではなく3層までですが。)

これによってPDFを多量に管理するようなが場合にも使いやすいです。

ファイル名での検索機能も搭載されています。

書き込み可能

Goodnotesはその名の通り、もともとは手書きノートアプリです。

書き込むことに関しては、Goodnotesの本領発揮です。

Apple pencilを使えば、紙に書くのと同じような感覚で PDFに書き込むことができます。

ちなみに、Goodnotesでは手書き文字の文字認識機能がついているので、書き込んだ文字もPDF本文と同様に検索することが可能です。

タブ表示でPDFを並列に開くことができる

Goodnotesの特徴的な面として、タブ表示が可能ということがあります。

タブ表示とは、ブラウザのように複数のページを開いて切り替えて見ることのできる機能のことです。

タブ表示が可能なことで複数のPDFを同時並行に見たいときに、いちいち開きなおす必要がアリません。

タブ表示数は使用上はおそらく無限に可能ですが、メモリの関係で同時に10個くらいまでかと思います。

パソコン版と同期できて便利

GoodnotesにはMac版が有ります。

Mac版GoodnotesとiPad版Goodnotesはicloud同期が可能なので、iPadで読んでいたPDFをMacで続けて読んでいくことも可能です。

GoodnoteでPDFを読む方法

GoodnotesにPDFを移動する

GoodnotesにPDFを読み込めばPDFがGoodnotes上で一つのノートとして読み込まれるので、すぐに読むことができます。

PDFをGoodnotes上に移す方法はいくつかありますので、以下の記事で紹介しています。

【Goodnotes4説明書】PDFを読み込んでノートのように使う方法
GoodnotesにPDFを読み込んで、PDFリーダーのように使用したり、ノート代わりにして書き込む方法を紹介します。 PDFにはいくつかの取り込み方法がありますが、ここでは、よく使う方法を紹介します。 ウェブ上からPDFを読み込む...

読む専用モード

Goodnoteはもともとノートアプリですので、画面にふれると書き込みされてしまいます。

しかし、Goodnotesには読む専用モードにするボタンがあります。

この状態にしておけば、Apple pencilが反応しなくなり読むことに集中できます。

さらに、ページの両端のグレーの部分でページ送りが可能になるので、まるで紙の本のように直感的にページ送りが可能です。

Mr.Pad
Mr.Pad

PDF化した本(自炊本)を読むのにもオススメ

PDFリーダーとしてのGoodnotesの弱点

かなり優秀なPDFリーダーになってくれるGoodnotesですが、もちろん他のアプリに劣る点も紹介します。

PDFアウトラインを編集できない

PDFアウトラインはPDF自体についている目次機能のようなもので、PDF編集ソフトであれば編集可能なことも有ります。

Goodnotes自体にはPDFアウトラインを読む機能は存在するのですが、作成は別のソフトを利用しないといけません。

見開き表示を利用できない

GoodnotesはPDFの見開き表示には対応してません。

まとめ

Goodnotesはもともと高機能な手書きノートアプリですが、PDFリーダーとしても優秀ですので、是非一度試してみてください。

GoodNotes 4
仕事効率化, ビジネス¥960iOSユニバーサル

▼Goodnotesのノートとしての優秀さを紹介した記事です。是非ノートアプリとしても活用してみてください。

【効率最強】手書きデジタルノートアプリの圧倒的なメリット&おすすめApp:Goodnotesを紹介!
iPadの手書きノートアプリ・PDF注釈アプリにはたくさんの種類があります。 使いやすさの点と、高精度の手書き文字のOCR(文字認識:手書きの文字が検索できる)がある点で現時点ではGoodnotes(グッドノーツ・グットノート)が最強...

 

Goodnotesの使い方

目次ページに戻る

【基本編】

  1. 新しいノートの作成方法
  2. PDFを読み込んでノートのように使う方法
  3. 手書きの方法と必要なもの(対応スタイラスペン)
  4. 文字を打ち込む方法
  5. 写真を貼る方法
  6. 検索する方法

【設定編】

  1. ツールバーの位置を変更する
  2. テンプレートを新しく読み込む
  3. 自動バックアップの設定方法
  4. ノートの書き出し&手動バックアップの方法

【活用編】

  1. Goodnotesをシステム手帳にする
  2. Goodnotesを暗記アプリにする方法

 

この記事が役にたったら、いいね!
記事の更新情報をお知らせします

Twitter(@digista_net)をフォローする

このサイトのTwitterでは
・記事の更新情報
・教科書の購入や端末の購入に使えるキャンペーン情報
をお知らせしています。
ぜひフォローお願いします。

 

この記事を読んだ人にオススメの記事

Apple pencilをお使いの方へオススメのアイテム

書いているときのツルツル・カチカチ感が気になる方へ

 

Mr.Pad
Mr.Pad

まるで紙のような書き心地に!!

おまけに指紋もつきにくい!!

 

Apple pencilが持ちにくいと感じる方へ

 

Mr.Pad
Mr.Pad

より太くグリップ力アップ!!

さらにキャップ保護・転がり防止!!

カラーも15色以上から選べます

 

 

 

Goodnotesノートアプリ
メインカテゴリー
デジタル勉強法 ペーパーレス化の方法勉強系アプリ勉強に役立つアイテム・サービスを紹介
役立ったらSNSでのシェアにご協力お願いします!
digi(デジ)をフォローする

Kindle電子本セール情報〜教養・自己啓発系のピックアップ〜

入れ替わり制セール

入れ替わり制のセールは日・週・月で入れ替わります。

  • 日替わりセールは毎日チェック!かなりお得なことも多いですよ!
  • 週替りセールは教養系の本や自己啓発系の本(しかもよく売れているもの)が豊富です。

 

Prime readingとKindle Unlimitedを活用して読書量UP

Prime Reading→年間3900円or月額400円でかなりの本が読める

読める本はコチラでチェック:無料体験あり

Kindle Unlimited→月額980円で書籍、コミック、雑誌を含む和書12万冊、洋書120万冊以上読み放題
読める本はコチラでチェック:無料体験あり

 

でじすたねっと

コメント

メインカテゴリー

デジタル勉強法 ペーパーレス化の方法勉強系アプリ
勉強に役立つアイテム・サービスを紹介
タイトルとURLをコピーしました