教養人にオススメ!3000円分のポイント貰える!Amazonの新時代サービスAudibleで激アツ!キャンペーン
カテゴリー

手書きノートアプリのバックアップとってますか?

デジタル勉強解説
krzysztof-m / Pixabay

〜オススメ記事〜

本サイトのメインコンテンツ

「iPadで勉強」のマニュアル

「勉強用iPadの購入を考えていませんか?」
「iPadの購入の値段で悩んでいませんか?」
iPad勉強歴3年以上の筆者が勉強に十分な性能・容量+できるだけ金額を抑えるiPadの選び方を紹介しています。
勉強用iPadコスパ最強セットの紹介

「教科書買うときに、学生ならポイント18%もらえるのに定価で買っていませんか?」

知らない人が損してるモノ凄い学割の紹介!

【知らない人は損してる】学生なら教科書・書籍をかなり安く購入できるの知ってます?

Amazonの新サービスaudibleを無料で使えて3000ポイントゲットできるキャンペーン!

筆者も使ってみましたが、想像以上のクオリティ。知識人のための新常識になりそうな予感です。

▶Audible

iPadなどのデジタル端末で勉強する上で忘れがちなノートデータのバックアップ。忘れた状態で端末を水没させてしまったりすると、今まで勉強したデータが全て消滅してしまいます。

今回の記事ではデータのバックアップの取り方を説明します。

スポンサーリンク

アプリの自動バックアップを利用する

krzysztof-m / Pixabay

多くの手書きノートアプリでは、自動バックアップ機能が実装されています。

▼どのノートアプリに自動バックアップ機能がついているかはこの記事で紹介しています。

【勉強目線での選び方】iPad の手書きノートアプリ比較・独自機能まとめ
Apple pencil対応のノートアプリの比較はいくつかありますが、勉強者目線でのレビュー記事は少ないものです。この記事では普段から勉強にiPadを使用している医学生が「勉強用のノートアプリは結局どれが一番おすすめ?」という疑問に答えます。記事の後半では各ノートアプリの独自機能と、勉強への応用も紹介します。

これはONにしておくだけで、自動でGoogle drive やOnedriveといった外部のクラウドにアップロードしておいてくれるというもの。

このような自動バックアップ機能を利用すればWifi接続時にクラウドにノートをアップロードしてくれるので、万が一端末を壊してしまってもクラウドから再度ダウンロードして取り込むことで、復帰できます。

外部クラウドでは無料のストレージ容量も多いので、ヘビーユーザーでない限りは、容量も十分でしょう。

デメリットとしては再取り込みの際に、手動での取り込みとなるので面倒くさいことです。

 

icloud共有を利用する

こちらはAppleのクラウドであるicloudを利用する方法です。

krzysztof-m / Pixabay

メリット

Apple純正なので同期が速い

icloudはApple製品同士の同期にも使用されます。(iPhoneで編集しながらiPadでも同時に見れるということです)

ですので、アプリにもよりますが同期がほとんどリアルタイムです。

リアルタイムでデータがクラウドに送られるので、壊す直前のデータに復旧できます。

復帰が簡単

外部クラウドにバックアップした場合には、再度データを端末に取り込むときにクラウドから手作業で再度取り込む必要があります。

しかし、icloudの場合には新しい端末で同期させる設定にすればすぐに元の状況に復帰することができます。

デメリット

icloudへの課金が必須

icloudは無料で使用できる容量が5GBしかありません。

他のことにもicloudは使われるので、ノートアプリのバックアップに使用するには5GBではおそらく不足します。

そうなると課金して、icloudの容量を購入するしかありません。

手動で消してしまったデータを復元できない

操作ミスでノートデータを消してしまうこともありえます。

しかし、icloudではほとんどリアルタイムで同期してしまうために、手動で消去してしまうと消去したことも同期されてしまい、クラウド上のデータも削除されてしまいます。

icloudへのデータの同期はあくまで同期であり、バックアップとはニュアンスが異なるのかもしれません。

手動でバックアップ

手動でノートデータを書き出す方法もあります。

各アプリにはそのような方法が用意されているので、PDFやそのノートアプリの独自形式で書き出し、パソコンのHDなどに残す方法です。

メリット

メリットは自分の手元にバックアップが残っているという安心感です。

クラウド上のデータはまれにそのクラウドの不具合で消失する可能性もあります。

しかし、HDに保存されたデータはHDが壊れない限りは消えません。

デメリット

デメリットは手間が掛かることです。

手間が掛かるとバックアップする頻度も少なくなり、バックアップの機能を果たしにくくなります。

オススメの方法

オススメの方法はそれぞれのバックアップを組み合わせることです。

例えば、icloudでリアルタイム同期させながら、定期的に自動バックアップをGoogleドライブに取る設定にしておく。

ある程度ノートが完成したら、一度手動でPCのハードディスクに書き出しておくという方法です。

まとめ

ノートのバックアップは端末を壊してから気がついても遅いです。

勉強内容を無駄にしないためにも、普段から端末を壊してしまった想定をして備えておきたいですね。

Goodnotesの自動バックアップの設定方法

[目次誘導]

 

コメント

メインカテゴリー

デジタル勉強法 ペーパーレス化の方法勉強系アプリ
勉強に役立つアイテム・サービスを紹介