教養人にオススメ!3000円分のポイント貰える!Amazonの新時代サービスAudibleで激アツ!キャンペーン
カテゴリー

【Goodnotes説明書】自動バックアップの設定方法

Goodnotesの説明書 Goodnotes

〜オススメ記事〜

本サイトのメインコンテンツ

「iPadで勉強」のマニュアル

「勉強用iPadの購入を考えていませんか?」
「iPadの購入の値段で悩んでいませんか?」
iPad勉強歴3年以上の筆者が勉強に十分な性能・容量+できるだけ金額を抑えるiPadの選び方を紹介しています。
勉強用iPadコスパ最強セットの紹介

「教科書買うときに、学生ならポイント18%もらえるのに定価で買っていませんか?」

知らない人が損してるモノ凄い学割の紹介!

【知らない人は損してる】学生なら教科書・書籍をかなり安く購入できるの知ってます?

Amazonの新サービスaudibleを無料で使えて3000ポイントゲットできるキャンペーン!

筆者も使ってみましたが、想像以上のクオリティ。知識人のための新常識になりそうな予感です。

▶Audible

ノートアプリを利用していく上でかなり重要なのが自動バックアップの設定です。

バックアップは手動で作成することも可能なのですが、やはり頻繁に行う手間を考えると自動でできるように設定したいものです。

スポンサーリンク

どのクラウドにアップデートするか

Goodnotesでは

・icloud

・クラウドストレージ

にバックアップが可能です。

クラウドストレージでは、

  • Box
  • Dropbox
  • OneDrive
  • Googleドライブ

に対応しています。

icloudバックアップの設定方法

【1】右下のオプションをタップ

【2】設定をタップ

 

【3】icloudをタップ

【4】icloudを使用をタップ。画像のように緑の状態がONになっている状態です。

これでiCloudにデータがアップロードされるようになっていきます。

クラウドサービスにバックアップ

どのクラウドを使う?

先程も紹介したとおり、クラウドサービスとしては以下のサービスに対応しています。

まずはどのサービスを設定するか選択する必要が有ります。

  • Box
  • Dropbox
  • OneDrive
  • Googleドライブ

これらのサービスを利用するには、それぞれのサービスでアカウントを持っている必要があります。

それぞれ無料で使用できる容量には限りが有ります。

  • Box (10GB)
  • Dropbox(2GB)
  • OneDrive(5GB)
  • Googleドライブ(15GB)

特にアカウントを持っているクラウドが無く、こだわりがない場合にはGoogleドライブがオススメです。無料で使用できる容量が最も多いです。

さらにGoogle driveなら、容量が不足して追加したい場合にも250円/月で100GBの容量が追加できます。100GBあれば大抵の人は不足しない容量です。

▼以下にGoogle driveのURLも貼っておきます。

Google ドライブ - 写真やドキュメントなど、ファイルのクラウド ストレージとバックアップ
Google ドライブを使って写真や動画など、さまざまなファイルをバックアップ。安全なクラウド ストレージに保管されているファイルにどこからでもアクセスできます。

設定方法

【1】まずは右下の「オプション」をタップ。

【2】「設定」をタップ

【3】「自動バックアップ」をタップ

【4】自動バックアップを開くと以下のような画面になります。まずは一番上の自動バックアップのボタンをタップします。ちなみにボタンが緑がONですので、下の写真はOFFの状態です。

この自動バックアップをONにするだけでは自動バックアップは行われません。必ずクラウドストレージの選択と【5】で紹介するクラウドストレージへのログインが必要です。

一番上の「自動バックアップ」以外は細かい設定になります。

・「Wifiまたはblootooth経由でのみアップロード」

→iPadにSimカードを挿してモバイルデータ通信を行っている場合のみ関係のある設定です。

モバイルデータを利用している場合には容量を節約するためにONにしておくと良いでしょう。

・クラウドストレージ

→先程紹介したクラウドのうちどのクラウドをしようするか選択します。

▼この画面で選択できます。複数のクラウドストレージは選択できません。

・ファイルフォーマット

→Goodnotes書類かPDF形式かを選択できます。

PDF形式でバックアップするとGoodnotesにバックアップデータを戻したときにデータをいじれなくなります。手書きノートを写真に撮って保存したような状態になります。

バックアップデータから他のアプリに送る予定がある場合を除いてはGoodnotes書類形式が無難でしょう。

【5】クラウドにログインする

この過程を忘れがちなのでご注意ください!

設定画面に戻ります。

「一般」をタップします

クラウドストレージのスイッチをONにします。

目的のストレージをタップするとクラウドのログイン画面が自動でポップアップされるのでそこでログインを行います。

これで完了です。

設定後にWifiにつないでしばらく時間が経ったら、設定したクラウドにログインして必ず確認を行ってください!

まとめ

Goodnotesの自動バックアップは設定しておくことで端末を壊してしまった際の保証になります。

iPadやiPhoneは画面を派手に割ってしまうと操作不能になり、PCを持っていない場合にはデータを失ってしまうことになるので、重要なノートデータの場合には必ずバックアップ設定を行っておくことをおすすめします。

Goodnotesの使い方

目次ページに戻る

【基本編】

  1. 新しいノートの作成方法
  2. PDFを読み込んでノートのように使う方法
  3. 手書きの方法と必要なもの(対応スタイラスペン)
  4. 文字を打ち込む方法
  5. 写真を貼る方法
  6. 検索する方法

【設定編】

  1. ツールバーの位置を変更する
  2. テンプレートを新しく読み込む
  3. 自動バックアップの設定方法
  4. ノートの書き出し&手動バックアップの方法

【活用編】

  1. Goodnotesをシステム手帳にする
  2. Goodnotesを暗記アプリにする方法

 

コメント

メインカテゴリー

デジタル勉強法 ペーパーレス化の方法勉強系アプリ
勉強に役立つアイテム・サービスを紹介