教養人にオススメ!3000円分のポイント貰える!Amazonの新時代サービスAudibleで激アツ!キャンペーン
カテゴリー

大学生はiPad、AndroidタブレットとPCのどれが必要で、どれを買うべきか〜Surface Vs Android Vs iPad

デジタル勉強解説

〜オススメ記事〜

本サイトのメインコンテンツ

「iPadで勉強」のマニュアル

「勉強用iPadの購入を考えていませんか?」
「iPadの購入の値段で悩んでいませんか?」
iPad勉強歴3年以上の筆者が勉強に十分な性能・容量+できるだけ金額を抑えるiPadの選び方を紹介しています。
勉強用iPadコスパ最強セットの紹介

「教科書買うときに、学生ならポイント18%もらえるのに定価で買っていませんか?」

知らない人が損してるモノ凄い学割の紹介!

【知らない人は損してる】学生なら教科書・書籍をかなり安く購入できるの知ってます?

Amazonの新サービスaudibleを無料で使えて3000ポイントゲットできるキャンペーン!

筆者も使ってみましたが、想像以上のクオリティ。知識人のための新常識になりそうな予感です。

▶Audible

大学生になるとレポートやパワーポイントを作成する機会も増え、パソコンやiPadなどのタブレットが欲しくなって来ます。どちらか買おうと思うけど、どっちも買うお金はない。

どっちを優先的に買うべきか分からないという人も多いと思います。そのような人のための記事です。

スポンサーリンク

タブレット と パソコンの違い

iPadに代表されるタブレット端末とPCで何が違うかという問題ですが、だんだんタブレットとPCの差は少なくなっています。

少なくとも、普通の大学生が授業で使用する上ではできることに大きな差はないと思います。

普通の大学生が授業関連で行うこととは
・レポートをワードで作成
・パワーポイントを作成
・ネットで調べ物をする
ようなことを想定して書いています。

実際のところ大部分の大学生はこのくらいの用途でしか使用していないと思います。

ですので最初に結論を述べる形になってしまいますが、筆者としては例外を除きiPadのほうが良いと考えています。

例外というのは、一部の学部で、PCでないとできないようなプログラミングや計算などがある可能性があるということです。

「もしかしたら、そうかも知れない」と思った人は購入する前に先輩に聞いてみましょう。

おそらくですが、PCが必要な方は、大学からの資料にもそのように書かれていると思うので、大学からの資料にしっかり目を通してみるのも重要です。

前提として、iPad はbluetoothキーボードを使用して、使用することを考えています。

▼Appleからもこのようなオプション品のキーボードも発売されています。https://www.apple.com/jp/shop/ipad/ipad-accessories/keyboardsより引用

iPadにしかできないこと

iPadとPCでできることが少なくなっている点は紹介しました。

一方で、iPadにしかできないことも出てきています。Apple pencil を使用した手書きノートの作成です。

こちらはかなり進化している点で、数年前に比べて格段に進歩しています。

このサイトではiPadをしようした勉強法を紹介しているので興味がある方はそのような記事もおすすめです。
【1分で分かる】iPadを活用したデジタル勉強の方法・メリット〜何が便利なの?〜

【1分で分かる】iPadを活用したデジタル勉強の方法・メリット〜何が便利なの?〜
iPadを使った勉強のデジタル化について、そのメリットを1分で分かるように紹介します。 デジタルノートアプリ 写真貼り放題! デジタルノートの一番のメリットは、画像が貼り放題という点です。ネット上にはたくさん画像が落ちていますが、それ...

PCにしかできないこと

geralt / Pixabay

PCにしかできないことも、もちろんあります。

プログラミングや、専門的なソフトを入れることはiPadではまだできません。

もし、PCを使って専門的なことをしたいと少しでも考えているのであれば、優先的にPCを購入すべきです。

蛇足になるかもしれませんが、このブログもPCを使って書いています。ブログを本格的にやってみたい人にもPCをおすすめします。

iPadのメリット

多くの大学生にとってPCとiPadでできることに大きな差は無いことは紹介しました。

ではPCではなくiPadを選ぶメリットはどこにあるかを紹介します。

iPadは軽くて薄い

iPadのメリットは、薄く小型であることです。

PCは安物ほど大きく重いものが多いです。安物のノートPCを購入すると、重くて持ち運びに困ることもあります。

しかし、iPadはどのモデルでも薄く、軽いです。講義間やバイト、サークルなど移動の多い大学生にとってはこれは大きなメリットです。

軽いと有名なMac bookですら、iPadの軽さには勝てません。

iPad Pro 10.5inch wifiモデル→469 g

mac book 12inch →960g

キーボードの重さを加味してもiPadの方が軽くなる場合が多いでしょう。

最上位モデルが安い

iPadの現在の最上位モデルはiPad Proです。

iPad Proの価格は8万円くらいからで最も高いものでも15万円以内には収まります。

一方で、ノートPCでこの価格帯は通常モデルくらいのランクになります。

同じお金でもPCなら中級モデルですが、iPadなら最上級モデルが最上級モデルが手に入ります。

▼iPadの最上位モデルiPad Pro

▼同価格帯のパソコン。格安ではないもののエントリーモデル〜中級モデルの価格帯となる。

やはり最上位モデルとエントリーモデルでは作りや素材感が全く異なるように感じます。

iPadとPCは違う分野ではありますが、上位モデルのほうが高級感があったり、使いやすかったりするのは事実です。

アプリが充実している

冒頭で、MicrosoftのWord、Poewrpointについて説明しましたが、これらについてもアプリが出て来ています。

Microsoft Word
仕事効率化無料iOSユニバーサル

Microsoft Excel
仕事効率化無料iOSユニバーサル

Microsoft PowerPoint
仕事効率化無料iOSユニバーサル

注意すべき点として、これらのアプリは10inch以上のiPadの場合には年間で1万円程払う必要があります。

しかし、大学単位で有料会員になっている場合にはお金を払わなくても使用することができます。
このページで大学のメールアドレスを使用して調べることが可能です。
https://products.office.com/ja-jp/student/office-in-education

また、最近ではword、excel、power pointと同等以上の性能を持ちながら、無料でgoogleが提供しているアプリがあり、これがかなりおすすめです。個人的には将来的には社会全体として、こちらに移行していくのでは無いかと考えています。

Googleスライド
仕事効率化, ビジネス無料iOSユニバーサル

Google スプレッドシート
仕事効率化, ビジネス無料iOSユニバーサル

Google ドキュメント: 同期、編集、共有
仕事効率化, ビジネス無料iOSユニバーサル

これらは無料で使用できる上に、変更が随時google drive に保存されるので、wordなんかでよくある「データが消えちゃった」ということが起こりにくくなっています。

勉強に使用するならiPad

大学生の間に勉強をしっかり頑張るつもりなら断然iPadです。教科書を電子版で購入したり、ノートをiPadでとったりする事ができ、勉強がとても捗ります。
【本気で勉強する人へ】iPhone/iPadを勉強で活用するためにオススメなアプリ7個を紹介!

パソコンのメリット

今度はパソコンを選択するメリットを紹介します。

変換機能がiPadよりも優れている

パソコンはiPadよりも変換機能が優れています。

大学生になるとそれぞれの専門分野についてのレポートも多いですが、専門用語の変換はPCが圧倒的に有利です。

自分でその分野の用語集を変換ソフトに入れれば、殆どの専門用語が一発で変換可能になります。

無料で提供されているGoogle変換をインストールすれば、普段の変換もかなりスムーズになります。

iPadの変換機能はかなり改善してきているとはいえ、自分で辞書をインストールできるPCにはまだ及ばないのが事実です。

PC操作に慣れることができる

大学生は、卒業すると皆さん仕事に就きます。

現在仕事の多くはPCで行われています。タブレットはまだ一部しか導入されていません。

つまり、将来的にはPCを使わなくてはならないのです。

その意味では学生のころからPCに慣れておくというのはメリットになるでしょう。

おそらく将来的にはタブレットで仕事をする時代にはなっていくとは思いますが。

できないことが少ない

iPadにできてPCにできないということは、現状少ないです。

PCなら大体のことはできるので、無難な選択肢ではあるでしょう。

 

Mr.Pad
Mr.Pad

ただし、手書きで勉強に使用するのであれば、iPadのほうが使いやすいと筆者は考えています。

より複雑な画像編集や、動画の編集などのソフトはまだまだパソコンが多いのが現状です。

いろいろなことにチャレンジしたい場合には、パソコンという選択肢もありです。

ただし、難しいことをやってみたい場合にはそこそこのスペックを持ったパソコンを選択しておくのが良いでしょう。

▼こういった格安PCでは厳しいということです。

Amazon商品リンクショートコード内にASINが入力されていません。

surfaceという選択肢

surfaceのようなタブレットPCというジャンルもあります。

これらはどうかというと、ペンの付いたPCであり、iPadの様なタブレット端末とは全く別物です。

まだアプリの種類も少ないです。

ですのでタブレットPCを選択する場合には、タブレットではなく、パソコンを購入するつもりで買うと良いと思います。

【追記】Surface GOというタブレット色の強いモデルの発売が決まっています。

Surface Goの発売によって、Windows storeにも勉強に利用出来るノートアプリが増加すると考えられます。

Surface GoにはOfficeもついているので大学生が購入する端末としてはかなりアリな端末になってっきます。

iPadだけではレポート作成に不安が多少残るので、勉強にも多少利用しつつよりPC寄りの端末が欲しい場合には、Surfaceは完璧な選択肢になります。

▼Surface Go:サイズ感がiPadに近く、持ち運び性に優れる

新型機種のSurface Goが出た一方で、型落ちに近くなったSurface Proがかなり安く購入できてお得です。

筆者も狙っています。

スペック狙いならSurface Pro!

▼Surface Pro :キーボードカバー付きでこの価格ならいい!!!

まとめ

まとめると普通の大学生にはiPadがおすすめです。

ただし、学部・やりたいことによってはパソコンを選択すベき人もいます。

そのような人の場合にはスペックの高いPCを購入しておくことをおすすめします。

各大学には備え付けの学生用パソコンも必ずあると思います。

クラウドも上手に使いながら、iPadと大学のPCを組み合わせれば大抵のことは可能なので、総合的にはiPadがおすすめです。

iPad proを楽天市場を利用して定価より実質2万円安く買った方法を実体験を元に紹介

▼iPad Pro:iPadの最上級モデル

▼iPad:iPadの廉価版モデル。Apple pencil対応でこの値段でもガッツリ使えます。

コメント

メインカテゴリー

デジタル勉強法 ペーパーレス化の方法勉強系アプリ
勉強に役立つアイテム・サービスを紹介