最新勉強用iPadラインナップはこちら!

Apple pencilの電池を長持ちさせる方法

2 min 404 views
digi(デジ)

digi(デジ)

デジタル勉強歴5年以上。デジタル勉強合計時間は4000時間以上。ガチでにデジタル勉強している人によるマニュアル作成。iPad勉強で医師国家試験合格。
タブレットの活用で医学の勉強が一気に楽になった経験から、iPadを活用した高効率な勉強法を紹介。教科書やiPad購入に関する節約情報も発信中。Twitterにて節約情報や記事の更新をお知らせしています。

Apple pencilの充電を長持ちさせる方法を紹介します。

簡単な方法

Apple pencilの充電を長持ちさせる方法が、意外な場所に記載されていました。

なんとWikipediaです。

電源スイッチはないが、振動などを感知して使用状態を判断しスタンバイ状態との切り替えを行う。そのため、乗り物などに乗っていると、スタイラスとして使用しなくても電池を消耗する。これはBluetoothのペアリングを解除することによって抑制することができる。その際、ペアリング解除に加えて、デバイスリストからApple Pencilを削除すると、さらに消耗を控えることができる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/IPad_Proより

つまり、

【1】bluetoothのボタンをOFFにする
【2】デバイスリストからApple pencilの削除

でApple pencilの移動中の電池の消耗を抑えることができるということですね。

方法については以下で詳しく説明します。

使用中の電池使用を節約することは難しいので、移動中の電池使用を抑えるのが最適解になりそうです。

【1】bluetoothのボタンをOFFにする

まず、iPadの画面の下から上にスワイプして、一覧表示画面を開きます。

画像中の赤丸のbluetoothボタンをタップして、bluetoothをOFFにしておきます。

これで移動中の電池消耗が抑えられます。

このボタンをもう一度押せば元の状態に戻って再び使用可能になるので、簡単ですね。

僅かではありますが、本体の電池消耗も抑えられます。

もっとApple pencilの電池消耗を抑えたい場合には次の方法も平行して行います。

【2】デバイスリストからApple pencilの削除

まず、設定画面を開きます。

次にbluetoothの設定画面を開きます。

Apple pencilがペアリングされている端末一覧の中にあります。

▼Apple pencil横のiマークをタップします。

▼するとApple pencilのデバイス登録を解除する選択肢が表示できます。

この方法で、Apple pencilのペアリングを解除することができます。

次に使用するときにはApple pencilを本体に挿し込めばすぐに再度ペアリングが可能ですので、簡単に使用可能な状態に戻すことができます。

まとめ

Apple pencilの消耗が気になる場合には今回紹介した方法を試してみてください。

特に【1】のbluetoothをOFFにするだけなら3秒位でできるので、これだけでもおすすめです。

 

[目次誘導]

digi(デジ)

digi(デジ)

デジタル勉強歴5年以上。デジタル勉強合計時間は4000時間以上。ガチでにデジタル勉強している人によるマニュアル作成。iPad勉強で医師国家試験合格。
タブレットの活用で医学の勉強が一気に楽になった経験から、iPadを活用した高効率な勉強法を紹介。教科書やiPad購入に関する節約情報も発信中。Twitterにて節約情報や記事の更新をお知らせしています。

関連記事

質問やコメントはこちらから!!Twitterアカウントでログインできます!