【還元率20%】Amazonで5000円分チャージするだけで1000ポイントもらえる!お得なキャンペーンが期間限定! 詳細はこちら!
カテゴリー

[Everword]これだけでEvernoteを使う価値がある!Evernote連携の単語帳作成アプリのおすすめ

デジタル勉強解説

〜オススメ記事〜

本サイトのメインコンテンツ

「iPadで勉強」のマニュアル

「勉強用iPadの購入を考えていませんか?」
「iPadの購入の値段で悩んでいませんか?」
iPad勉強歴3年以上の筆者が勉強に十分な性能・容量+できるだけ金額を抑えるiPadの選び方を紹介しています。
勉強用iPadコスパ最強セットの紹介

「教科書買うときに、学生ならポイント18%もらえるのに定価で買っていませんか?」

知らない人が損してるモノ凄い学割の紹介!

【知らない人は損してる】学生なら教科書・書籍をかなり安く購入できるの知ってます?

Amazonの新サービスaudibleを無料で使えるキャンペーン!耳で読む読書です。

筆者も使ってみましたが、想像以上のクオリティ。知識人のための新常識になりそうな予感です。

▶Audible

[Summary]Evernoteのノートをそのまま単語帳にできるアプリEverwordの紹介です。単語帳の作成はEvernoteで簡単。覚える際にも、単語カードを三段階で評価でき、習熟度を元に次回の出題を3日後、7日後など出題の頻度を変更してくれるので、暗記の効率化がはかれます。

今回はEvernoteのノートを単語帳換えてしまう便利アプリである”Everword”の紹介です。筆者はこのアプリがあるから今もEvernoteを使用しているといっても過言ではありません。このアプリはしばらくアップデートがなく、更新を止めてしまったのかと思っていたのですが、先日更新されていました。開発者の方もきちんと更新してくれそうなので、安心しておすすめ致します。

スポンサーリンク

Everwordの機能紹介

ここからはどのように暗記カードを作成し、どのようにEverwordで使用できるようになるかを、単語カードの作成から紹介します。

①単語帳になるノートをEvernoteで作成

まずは単語帳の元になるノートをEvernoteで作成します。Evernoteはアプリを使用しても、Web版を使用してもなんでも大丈夫です。ノートのタイトル部分が単語帳の表(問題の部分)になり、ノートの内容が裏の答えになります。ノートのタイトルには、思い出すべき内容を記入すれば良いです。筆者の作成したノートを元に説明します。
▼筆者が何年か前に作成し、覚えた内容です。このようにまずはEvernoteでノート(単語帳の元になる)を作成します。写真、手書き、テキストの打ち込みで思うように作成可能です。ノートのタイトル部分が単語カードの問題の部分になります。

 

②Everwordにノート、タグ、共有ノートで登録

Everwordに単語帳として登録するものを選択します。単語帳として選択できるくくりはノートブック、タグ、共有ノートの3つです。ノートブックだけでなく、タグで選択可能なので、苦手なものだけを集めた単語帳を作成することも可能です。共有ノートを単語帳にすることも可能なので、友人と作成した単語帳を共有することも可能です。
▼最初の画面の左上の管理というボタンを選択するとこのような画面になります。
上の写真の3つのどれかを選択すると自分のEvernoteのノートブックやタグの一覧が表示されます。そこから自分が単語帳としたいものを選択すれば同期が開始します。

 

③暗記カードで暗記する

単語帳の作成が完了したら、あとはひたすら暗記に集中できます。単語帳で問題を解いたら、Know、Hold、Don`t knowの3つのボタンの中から評価します。これを元にEverwordでは単語カード1枚1枚にレベル0、レベル1、レベル2、レベル3、レベル4の5段階に評価が付きます。この5段階評価は単語カードのハジに色で表示され、そのカードの習熟度が視覚的に分かるようになっています。また、習熟度によって次回出題される日が変化していきますので、覚えていないものを重点的に暗記していくことが可能です。
▼レベルに応じた色も自分で設定することが可能です。
▼このように単語カードの左側に習熟度が色で表示されます。

▼単語カードの表(問題)。この画面でタップすると裏返って答えの面になります。
▼単語カードの裏(答え)。もう一度タップすれば、問題の面に戻ります。一画面に入り切らなかった文章もスクロールで表示できます。

Everwordのメリット

単語カードの作成の自由度が高い

単語カードの作成はEvernoteを利用するので、文字の打ち込み、写真の貼り付け、手書きなど様々な方法でノートを作成できます。単語帳の作成アプリは複数有りますが、これほど自由に答えの部分を作成できるものは少ないのでは無いでしょうか。答えの部分に関しても、分量の制限はなく(Evernoteの1ノートの最大用量は決まっていますが、単語カードの作成においては関係ないくらい多いです。)長い解説も作成可能です。

単語カードの作成に時間がかからない

写真をそのまま貼り付けられるため、タイトルを文字で打ち込んで、答えは教科書やノートの写真で作成すれば、作成にほとんど時間がかかりません。単語カードのデメリットは作成に時間がかかることですが、Everwordを使用すればこのデメリットを打ち消すことができます。

自分で作成したまとめがそのまま単語カードに

ほかの単語帳アプリでは単語カードを作成しても単語カードとしての利用価値しかありませんが、このアプリを利用した場合、Evernoteで作成することになるので、単語帳として使用しなくなっても、自分で作成したまとめとして保存で、Evernoteからいつでも検索で探し出せるので、スマホ、タブレットでいつでも見ることができます。書き足しも自由にできます。ちなみに書き足した分もメニューから同期を行えばEverwordの単語帳にも反映されます。まとめ=単語帳なので苦手な項目をまとめて、それがそのまま単語カードにもなって一石二鳥です。

オススメの使い方

試験対策に!重要スライドをそのまま単語帳に!

Power Pointのスライドの配布資料を元に勉強している人は、Everwordを使用すれば簡単にスライドの重要部分の単語カードを作成します。スライドの中には試験のヤマになる重要スライドがあるはずです。それを単語カードにして覚えてしまいましょう。重点を集中して覚えられて便利です。

苦手部分のまとめを作成して単語帳に!

苦手な部分は誰にでもあるものです。Evernoteでまとめを作成すれば理解が深まる→単語帳で復習して忘れない。というサイクルを繰り返して行けば苦手な部分もだんだん少なくなります。特に苦手な範囲は忘れやすいものなのでこのアプリで何回も復習しましょう。

まとめ

EverwordはEvernoteと連携することで、Evernoteがさらに便利になるアプリです。簡単なまとめをEvernote上で行えばそのまま単語カード化でき、復習のタイミングまで決めてくれるので勉強の効率も良くなるはずです。スキマ時間にiPhoneやiPadで勉強するにも便利なアプリですので、とてもおすすめです。アプリ内課金で登録できるノートブック数の制限が解除されるので、本格的に使用するなら購入すると良いと思います。資格試験、英語の勉強、医学の勉強にいかがでしょうか?

▼今回紹介したアプリです

Everword - Evernote暗記カード
Screenshots

[目次誘導]

 

この記事が役にたったら、いいね!
記事の更新情報をお知らせします

Twitter(@digista_net)をフォローする

このサイトのTwitterでは
・記事の更新情報
・教科書の購入や端末の購入に使えるキャンペーン情報
をお知らせしています。
ぜひフォローお願いします。

 

この記事を読んだ人にオススメの記事

Apple pencilをお使いの方へオススメのアイテム

書いているときのツルツル・カチカチ感が気になる方へ

 

Mr.Pad
Mr.Pad

まるで紙のような書き心地に!!

おまけに指紋もつきにくい!!

 

Apple pencilが持ちにくいと感じる方へ

 

Mr.Pad
Mr.Pad

より太くグリップ力アップ!!

さらにキャップ保護・転がり防止!!

カラーも15色以上から選べます

 

 

 

デジタル勉強解説勉強アプリ
スポンサーリンク
メインカテゴリー
デジタル勉強法 ペーパーレス化の方法勉強系アプリ勉強に役立つアイテム・サービスを紹介
役立ったらSNSでのシェアにご協力お願いします!
digi(デジ)をフォローする
スポンサーリンク

Kindle電子本セール情報〜教養・自己啓発系のピックアップ〜

入れ替わり制セール

入れ替わり制のセールは日・週・月で入れ替わります。

  • 日替わりセールは毎日チェック!かなりお得なことも多いですよ!
  • 週替りセールは教養系の本や自己啓発系の本(しかもよく売れているもの)が豊富です。

 

Prime readingとKindle Unlimitedを活用して読書量UP

Prime Reading→年間3900円or月額400円でかなりの本が読める

読める本はコチラでチェック:無料体験あり

Kindle Unlimited→月額980円で書籍、コミック、雑誌を含む和書12万冊、洋書120万冊以上読み放題
読める本はコチラでチェック:無料体験あり

 

でじすたねっと

コメント

  1. Mikio より:

    とてもわかりやすく、参考になる記事でした。早速everwordダウンロードしてみます

    • digi(デジ) digi(デジ) より:

      ありがとうございます!時間ができたら、使う方法の具体的な方法も作成する予定です!

  2. チャンドラー より:

    なかなか良さそうですね。everwordは
    シャッフル機能はあるのでしょうか?

    • digi(デジ) digi(デジ) より:

      everwordにシャッフル出題という概念は無いようです。ただ、このアプリの出題は過去の正解率から習熟度を判定するので、その日出題される問題は習熟度の低いものが中心となり、結果的に問題の出題はランダムに近いものになるみたいですね。

メインカテゴリー

デジタル勉強法 ペーパーレス化の方法勉強系アプリ
勉強に役立つアイテム・サービスを紹介
タイトルとURLをコピーしました